自動スクロールで勝手にチャートが動くのを防ぐ方法と右端シフトについて

自動スクロールで勝手にチャートが動くのを防ぐ方法と右端シフトについて

自動スクロールで勝手にチャートが動くのを防ぐ方法と右端シフトについて

MT4の初期設定では、常に最新の値動きが見れるように、チャートが自動でスクロールされていきます。

しかし過去のチャートをゆっくり見たい時に、勝手に移動されては困りますよね。

今回は自動スクロールをオフにする方法とチャートの右端シフトについて紹介します。

自動スクロールで勝手にチャートが動くのを防ぐ方法

過去のチャートをゆっくり見たいのに、勝手にチャートが動いて戻されるのは、自動スクロールがオンになっているためです。解除する方法はいくつかあります。

1.「自動スクロール」アイコンをオフにする

「自動スクロール」アイコンをオフにする

画面情報に「①更新情報と共にチャートを自動スクロール」というアイコンがあります。

こちらをクリックすることでオンオフを切り替えることができます。

自動スクロールを止めたい場合はこちらをクリックしてオフの状態にしてください。

またその右には「②チャートの右端をシフト」というアイコンがあります。こちらをオンにするとチャートに右端にスペースを作ることができます。

「チャートの右端をシフト」をオンにするとチャートに右端にスペースを作ることができる。

2.「チャート」タブの「自動スクロール」をクリックする

「チャート」タブの「自動スクロール」クリックすることでもオンオフを切り替えることができます。

「チャート」タブの「自動スクロール」をクリックする

「チャートの右端をシフト」のスペースで調整

「チャートの右端をシフト」をオンにした場合、チャートの最新部分の丁度上につまみが出現しています。

このつまみをクリックして左右にスライドさせることで、スペースを調節できます。

つまみをクリックして左右にスライドさせることでスペースを調節できる

 注意

チャートのグリッド表示を色の設定等で「none」にして非表示にしている場合、つまみも非表示になっています。

この場合はグリッドに何かしらの色を設定して、「チャート」→「グリッド」でグリッドのみ消去することでつまみは表示されます。

右端にシフトでスペースを空ける意味としては、チャート分析や先行指標等で先の予想を立てるときに見やすくなるという事が挙げられます。それら抜きにしても、単純にスペースを空けておくことで先の流れを想像しやすい利点があります。

またチャートの上下に余白を作ることもできます。以下の記事で詳しく紹介していますので興味のある方は是非参考にしてください。

用途によって自動スクロール機能を使い分ける

用途によって自動スクロール機能を使い分ける

自動スクロールはリアルタイムで価格を更新してくれる非常に便利な機能です。

普段のトレードでは「オン」、過去のチャートを見る時は「オフ」と使い分けるのがいいでしょう。

オンオフ自体は前述したようにアイコンで簡単にできますので、面倒は感じないはずです。

まとめ

過去のチャートを見ていて勝手にチャートが動くのは「自動スクロール機能」が「オン」になっているから

自動スクロールで勝手にチャートが動くのを防ぐ方法

  • 「自動スクロール」アイコンをオフにする、または「チャート」タブの「自動スクロール」をクリックする

「チャート右端をシフト」はチャートの右端にスペースを作る便利な機能

チャート右端にスペースを作る方法

  1. 「自動スクロール」アイコンをオフにする
  2. 「チャートの右端をシフト」アイコンをオンにする、または「チャート」タブの「チャート右端をシフト」をクリックする

「チャート右端をシフト」のスペースの調整

「チャートの右端をシフト」をオンにした状態で、チャートの最新部分の丁度上のつまみをクリックして左右にスライドさせることで、スペースを調節する

用途によって自動スクロール機能を使い分ける

  1. 普段のトレードでは「オン」
  2. 過去のチャートを見る時は「オフ」

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

チャートカテゴリの最新記事