最初の一歩!MT4/MT5で新規にチャートを追加する方法

最初の一歩!MT4/MT5で新規にチャートを追加する方法

最初の一歩!MT4で新規にチャートを開く方法

チャートとは過去の為替相場の動きを、価格や時間を軸としてグラフにしたものです。

MT4やMT5では、チャートエリアに自分の使いたい通貨ペアのチャートを表示させて、それを見ながら取引します。

本記事では、取引の基本となるMT4/MT5で新規にチャートを追加する方法を紹介します。

 

\期間限定!新規口座開設で最低でも10,000円分の証拠金が貰える!/

MT4/MT5でチャートを新規に追加する方法

MT4やMT5を初めに起動するとメイン画面にはチャートが4つ表示されています。

まずはこれらを「×」ボタンをクリックで全て閉じておきましょう。

「×」ボタンをクリックで全て閉じる

次に使いたいチャートを新規に追加します。

チャートを新規に追加させる方法は主に以下の3つになります。

ちなみにMT4、MT5どちらも同じ操作で表示させることができます。自分の操作しやすい、覚えやすい方法で行いましょう。

方法1. 気配値表示ウィンドウから表示する

気配値表示ウィンドウが表示されていない場合は、最初にこちらを表示させます。

気配値表示ウィンドウとは画面左側に、各通貨ペアの買値と売値がリアルタイムで表示されているウィンドウの事です。(初期状態では既に表示済なので1-2からでOK)

1-1. メニューバーの「表示」タブの「気配値表示」をクリックして気配値表示ウィンドウを表示させます

メニューバーの「表示」タブの「気配値表示」をクリックして気配値表示ウィンドウを表示させます

1-2. 表示させたい通貨ぺアを右クリック「チャート表示」で、チャートを表示させます

表示させたい通貨ぺアを右クリック「チャート表示」で、新規にチャートを表示させます。

また気配値表示ウィンドウから、通貨ぺアをドラッグ&ドロップする事でも同じく表示させることができます。

チャートエリアの空白部分にドラッグ&ドロップなら新しく追加、チャート部分にドラッグ&ドロップなら表示しているチャートの代わりに表示されます。

方法2. 「ファイル」タブの「新規チャート」から表示する

「ファイル」タブの「新規チャート」をクリックし、表示したい通貨ペアを選択することでチャートを表示させます

「ファイル」タブの「新規チャート」をクリックし表示したい通貨ペアを選択することで新規チャートをさせる

方法3. ツールタブの「新規チャートの作成」アイコンから表示する

ツールタブの「新規チャートの作成」アイコンをクリックし、表示したい通貨ペアを選択することでチャートを表示させます

ツールタブの「新規チャートの作成」アイコンをクリックし表示したい通貨ペアを選択することで新規チャートをさせる
MT4の場合

ちなみにMT4とMT5ではアイコンのデザインが少し違います。

ちなみにMT4とMT5ではアイコンのデザインが少し違います
MT5の場合

気配値表示ウィンドウに追加したい通貨ペアがない場合

MT5で通貨ペアを追加・削除する方法

MT4/MT5の初期状態では、気配値ウィンドウに全ての対応通貨ペアが表示されている訳ではありません。

もし取引したい通貨ペアがない場合は、自分で追加する必要があります。追加方法は以下の記事で詳しく手順を紹介しているので参考にしてみて下さい。

ウインドウの整列で並び変える

追加されたチャートは「ウインドウ」タブの「ウインドウの整列」で並び替えることができます。

追加されたチャートは「ウインドウ」タブの「ウインドウの整列」で並び替えることができる

重ねて表示、水平分割、垂直分割などの並べ替えもここから行えます。自分の見やすいように並べておきましょう。

チャートの複数表示の仕方は以下の記事で詳しく紹介しています。

 

業界最高峰のボーナスをチェックする

まとめ

新規にチャートを表示させる方法はいくつかあります。全て覚える必要はなく、好みの方法だけでもいいので覚えておきましょう。

新規にチャートを追加する方法

  • 方法1.  気配値表示ウィンドウから表示する(クリックorドラッグ&ドロップ)
  • 方法2.  「ファイル」タブの「新規チャート」から新規に表示する
  • 方法3.  ツールタブの「新規チャートの作成」アイコンから新規に表示する

海外FXはハードルが高いと思っていませんか?

CTA-IMAGE 口座開設数70万口座達成!人気急上昇中の日本語完全対応海外FXブローカ-GemForex。

今なら入金不要で証拠金10,000円プレゼント!トレードで得た利益はもちろん出金可能。

まずは新規口座開設ボーナス分だけでトレードを始めることもできるため、リスクを極限まで抑えた海外FXデビューが可能です。
ページトップへ