MT4/MT5での新規注文方法(成行、指値・逆指値)と決済方法をわかりやすく解説

MT4/MT5での新規注文方法(成行、指値・逆指値)と決済方法をわかりやすく解説

MT4/MT5での新規注文方法(成行、指値・逆指値)と決済方法を画像付きで解説

MT4/MT5では新規注文を出す際に、どこからでも注文画面を出せるようにしていたり、注文方法をすぐに切り替える事ができたりと色々工夫されています。

また、注文方法も目的に応じていくつかの種類が用意されています。

本記事では、

  • 基本となる「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の解説
  • 注文画面の表示方法
  • 「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」を実際に出す手順
  • 決済方法

を画像つきで分かりやすく紹介しています。

最初は複雑に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばすぐに思い通りに注文する事ができますよ。

\期間限定!新規口座開設で最低でも10,000円分の証拠金が貰える!/

注文方法の解説

MT4/MT5ではいくつかの注文方法があります。今回はその内の基本となる「成行、指値・逆指値」について解説します。

基本となる3つの注文方法

複数の注文を同時に出すセット注文(別記事)

「IFD注文」・「OCO注文」・「IFO注文」は複数の注文を同時に出すセット注文になります。

こちらは以下の記事にて解説しているので参考にして下さい。

成行注文

成行注文とは現在表示されている価格でそのまま発注する最もオーソドックスな注文方法です。

価格や時間を指定しないため、リアルタイムで相場を見ながらすぐに売買することができます。

しかし、スリッページが発生してしまう事があります。これは相場の動きが激しい時など想定していない価格で約定してしまう現象です。

指値注文

指値注文とは現在価格より有利な価格を指定し、発注する注文方法です。

自動的に発注してくれるため成行注文のように常にチャートを見ておく必要がありません。また、想定していない価格で取引が成立する事はありませんので、安心して取引を行うことができます。

一方で、指定した価格でしか取引できないので、成行取引のような臨機応変な対応はできず売買機会を逃すこともありえます。

逆指値注文

逆指値注文は指値注文とは逆で、現在価格より不利な価格を指定し、発注する注文方法です。

損失の拡大を防ぎたい時(損切り)に使います。

一方で、逆指値注文は指値注文とは違い、相場の状況によってスリッページが発生して想定以上の損失が発生してしまう場合があるので注意が必要です。

注文画面の表示方法

MT4/MT5で新規注文を行うにはまず注文画面を出す必要があります。以下の5つの方法から自分のわかりやすいものを覚えておきましょう。

注文画面を出す5つの方法

  • ツールバーの「新規注文」アイコンから注文する
  • 「ツール」タブの「新規注文」から注文する
  • 注文したい通貨ペアを右クリックし「新規注文」から注文する
  • 注文したい通貨ペアをダブルクリックして注文する
  • チャート上でショートカットキー(F9)から注文する

方法1. ツールバーの「新規注文」アイコンから注文する

ツールバーの新規注文アイコンから注文する

方法2. 「ツール」タブの「新規注文」から注文する

「ツール」タブの「新規注文」から注文する

方法3. 注文したい通貨ペアを右クリックし「新規注文」から注文する

注文したい通貨ペアを右クリックし「新規注文」から注文する

方法4. 注文したい通貨ペアをダブルクリックして注文する

方法5. チャート上でショートカットキー(F9)から注文する

チャート上でショートカットキー(F9)を押すことで即座にオーダーの発注画面を開くことができます。

注文画面の見かた(成行注文)

オーダーの発注画面

新規注文を行うと「オーダーの発注」画面が開いて注文の詳細を決めていくことになります。

①通貨ペア 通貨ペアを選択します。チャート上や通貨ペアから新規注文を選んだ場合は、その通貨ペアが表示されます。(1.0=10万通貨、0.1=1万通貨)
②数量 取引数量を選択します。MT4/MT5では取引数量1.0は10万通貨になります。(1.0=10万通貨、0.1=1万通貨)
③決済逆指値 決済逆指値(S/L)では損失確定の逆指値注文、決済指値(T/P)では利益確定の指値注文の決済価格を指定できます。
④コメント コメントを記載できます。取引履歴にコメントが表示されます。
⑤注文種別

ストリーミング注文(成行注文)、指値注文を選択します。

⑥新規取引成行売り、成り行き買い

売り(Bid)、買い(Ask)を選択します。

⑦提示価格との価格誤差の有効

提示価格との価格誤差が起きても、注文が成立しやすいようにしたい場合にチェックを入れます。
その際最大価格誤差も併せて設定します。(この項目は、利用するFX会社によっては存在しない場合があります。)

注文画面の見かた(指値・逆指値注文)

注文種別を指値注文にするとオーダー発注画面が指値・逆指値注文の項目に切り替わります。

①注文種別
  • Buy Limit(指値買い) 現在よりも低い価格を設定します
  • Sell Limit(指値売り) 現在よりも高い価格を設定します
  • Buy Stop(逆指値買い) 現在よりも高い価格を設定します
  • Sell Stop(逆指値売り) 現在よりも低い価格を設定します
②価格 価格を選択します。入力した価格はチャートに「Entry」ラインとして表示されています。
③有効期限 注文の有効期限を設定することができます。設定する場合、チェックを入れて日時を入力します。

注文の出し方

ここでは実際に各種注文の出し方を紹介します。

成行注文の手順

オーダーの発注画面

成行注文の手順

① 取引したい「通貨ペア」になっているか確認します。

② 「数量」で売買したいロット数を設定します。

③ 「注文種別」が成行注文(ストリーミング注文)になっているか確認します。

④ 「成行売り」か「成行買い」のどちらかを選択して注文完了です。

指値・逆指値注文の手順

オーダーの発注画面

指値・逆指値注文の方法

① 取引したい「通貨ペア」になっているか確認します。

② 「数量」で売買したいロット数を設定します。

③ 「注文種別」を指値注文に変更します。

④ 「注文種別」でBuy Limit(指値買い)、Sell Limit(指値売り)、Buy Stop(逆指値買い)、Sell Stop(逆指値売り)から希望の注文種別を選択します。

⑤ 希望の価格を入力します。

⑥ 発注をクリックすれば予約注文完了です。後は指定した条件に価格が到達すると自動的に注文してくれます。

未約定なら注文の変更・取消(キャンセル)も可能

指値注文・逆指値注文は間違って注文を出しても、約定される前なら変更や取消(キャンセル)が可能です。

方法は以下の記事で紹介しています。

注文できない場合の原因と対処法

注文できない場合に確認しておきたい事

注文する際に、発注ボタンがグレーアウトして押せない、「無効な値のため発注できません」といったメッセージが出るなどで注文できない場合があります。

多くの場合は注文種別と入力価格が矛盾していることが多いですが、他にもいくつか原因が考えられます。

下記の記事で解決方法を詳しく紹介していますので参考にしてみて下さい

手動での3つの決済方法

手動での決済方法はいくつかあります。自分の使いやすい方法を選びましょう。

1. 決済したいポジションの一番右の「×印」をクリック

ターミナルウィンドウの「取引」タブを表示し決済したいポジションの一番右の「×印」をクリックする

画面下側の「ターミナル」「取引」タブを表示し、決済したいポジションの一番右の「×印」をクリックすることで、決済が完了します。

2. ポジションを右クリックし「決済注文」をクリック

ターミナルウィンドウの「取引」タブを表示しポジションを右クリックし「決済注文」をクリックする

決済したいポジションを右クリックし、「決済注文」をクリックする事でも決済が行えます。

画面下にターミナルが表示されていない場合は以下のいずれかの操作で表示させることができます。

ターミナルウインドウの表示

  1. 「表示」タブの「ターミナル」をクリックする
  2. ターミナルアイコンをクリック
  3. ショートカットキー(ctrl+T)

3. チャート上のポジションのライン上で右クリックし「閉じる」をクリック

チャート上のポジションのライン上で右クリックし「閉じる」をクリックする

 

業界最高峰のボーナスをチェックする

更に素早く注文を出したいならワンクリックトレードがおすすめ

サクサク簡単!MT4でワンクリック取引(ワンクリックトレード)を表示、有効化する方法

MT4/MT5には即座に成行注文が行えるワンクリックトレード機能が搭載されています。文字通りワンクリックで取引ができますので、直感的に素早く注文を出したい方におすすめです。

方法は以下の記事で紹介しています。

まとめ

注文画面を出す5つの方法

  • 「ツール」タブの「新規注文」から注文する
  • 注文したい通貨ペアを右クリックし「新規注文」から注文する
  • 注文したい通貨ペアをダブルクリックして注文する
  • ツールバーの新規注文アイコンから注文する
  • チャート上でショートカットキー(F9)から注文する

成行注文の手順

  1. 「オーダーの発注」画面を表示させて、取引したい「通貨ペア」になっているか確認します。
  2. 「数量」で売買したいロット数を設定します。
  3. 「注文種別」が成行注文(ストリーミング注文)になっているか確認します。
  4. 「成行売り」か「成行買い」のどちらかを選択して注文完了です。

指値・逆指値注文の手順

  1. 「オーダーの発注」画面を表示させて、取引したい「通貨ペア」になっているか確認します。
  2. 「数量」で売買したいロット数を設定します。
  3. 「注文種別」を指値注文に変更します。
  4. 「注文種別」でBuy Limit(指値買い)、Sell Limit(指値売り)、Buy Stop(逆指値買い)、Sell Stop(逆指値売り)から希望の注文種別を選択します。
  5. 希望の価格を入力します。
  6. 発注をクリックすれば予約注文完了です。後は指定した条件に価格が到達すると自動的に注文してくれます。

手動での3つの決済方法

  • 決済したいポジションの一番右の「×印」をクリック
  • 決済したいポジションを右クリックし「決済注文」をクリック
  • チャート上のポジションのライン上で右クリックし「閉じる」をクリック

自分の使いやすい注文方法、決済方法で行うといいでしょう。

オーダーの発注画面は、成行注文と指値、逆指値注文で少し変わってきます。各項目を確認しながら間違いがないように心がけましょう。

決済については、損切りのラインをあらかじめ決めておくことも大切です。

またIFO注文・IFD注文・OCO注文といった注文と決済を組み合わせた注文方法もあります。以下の記事で詳しく操作方法を解説していますので参考にしてください。

海外FXはハードルが高いと思っていませんか?

CTA-IMAGE 口座開設数70万口座達成!人気急上昇中の日本語完全対応海外FXブローカ-GemForex。

今なら入金不要で証拠金10,000円プレゼント!トレードで得た利益はもちろん出金可能。

まずは新規口座開設ボーナス分だけでトレードを始めることもできるため、リスクを極限まで抑えた海外FXデビューが可能です。
ページトップへ