【MT4】スマホアプリでの注文方法・決済方法

【MT4】スマホアプリでの注文方法・決済方法

【MT4】スマホアプリでの注文方法・決済方法

MT4は世界中のFXトレーダーが利用している高性能の取引ツールですが、PCで使えるソフトだけでなくスマホで使えるアプリもリリースされています。

MT4のスマホアプリを使ってFXを行うことも可能です。もちろんパソコンのMT4と連動して使用することができます。注文や決済方法は簡単ですが、慣れるまでは少し戸惑うかもしれません。

そこで今回の記事では、MT4スマホアプリで可能な注文方法と、決済方法について詳しく紹介していきます。

新規注文画面の表示方法

 
まずは新規注文画面を表示する必要があります。
MT4スマホアプリでの新規注文画面を表示する方法は2種類あります。

方法1.  気配値画面から表示する

気配値画面から表示する

  1. 取引したい通貨ペアをタップします
  2. 「新規注文」をタップして新規注文画面へ

方法2. チャート画面から表示する

チャート画面から表示する

  1. 下部のチャートアイコンをタップしてチャート画面を開く
  2. 上部の「$」タブから注文したい通貨ペアを選択する
  3. 上部右の「+」マークをタップして新規注文画面へ

新規注文画面の表示方法は、気配値でもチャートでも使いやすい方で問題ありませんが、チャート分析してから買い注文か売り注文かを決める場合が多く、チャートから注文した方がスムーズです。

【MT4】スマホアプリでの成行注文の方法

成行注文をする方法

STEP
1
取引通貨の選択

取引通貨の選択をします。変更したい場合は右側の「$」アイコンから変更できます。

STEP
2
注文方法の選択

注文種別「ストリーミング注文(成行注文)」に設定します。

STEP
3
取引数量の選択

取引数量(lot)を選択します。取引数量(lot)を真ん中の数字をタップして直接入力するか、左右の「-0.1」、「-0.01」、「+0.01」、「+0.1」をタップして数量を調節するかで、希望の取引数量に合わせます。

STEP
4
売り買いの選択

「SELL(売り)」または「BUY(買い)」をタップして発注します。

【MT4】スマホアプリでの決済成行注文の方法

決済成行注文をする方法

  1. 下部の斜め上矢印のアイコンをタップしてトレード画面を開く
  2. 保有中のポジションが表示されているので、決済させたいポジションを長押しします
  3. クローズオーダーをタップする
  4. 注文内容と損益がリアルタイムで表示されているので、下部の損益をタップすると決済が完了します

【MT4】スマホアプリでの指値・逆指値注文の方法

指値・逆指値注文をする方法

STEP
1
取引通貨の選択

取引通貨の選択をします。変更したい場合は右側の「$」アイコンから変更できます。

STEP
2
注文方法の選択

注文種別「Buy Limit(指値買い注文)、Sell Limit(指値売り注文)、Buy Stop(逆指値買い注文)、Buy Stop(逆指値売り注文)」のいずれかに設定します。

指値・逆指値の注文種別

選択できる指値・逆指値の注文種別は以下の4つです。

Buy Limit(指値買い注文) 現在よりも低い価格を設定し、その価格になったら買う方法
Sell Limit(指値売り注文) 現在よりも高い価格を設定し、その価格になったら売る方法
Buy Stop(逆指値買い注文) 現在よりも高い価格を設定し、その価格になったら買う方法
Sell Stop(逆指値売り注文) 現在よりも低い価格を設定し、その価格になったら売る方法
STEP
3
取引数量の選択

取引数量(lot)を選択します。取引数量(lot)を真ん中の数字をタップして直接入力するか、左右の「-0.1」、「-0.01」、「+0.01」、「+0.1」をタップして数量を調節するかで、希望の取引数量に合わせます。

STEP
4
価格の入力

取引したい価格を入力します。

※また有効期限から指値・逆指値注文の期限も設定できます。

STEP
5
発注

発注をタップして注文完了です。

発注ボタンがグレーアウトしている場合は発注条件が満たされていません。

  • ストップレベル(指値・逆指値注文の際に、現在価格から開けなくてはいけない値幅のこと)を考慮しているか
  • 注文種別に対して価格が正しく設定できているか

これらを今一度確認しましょう。

【MT4】スマホアプリでのIFD・IFO注文の方法

FD・IFO注文の方法

また新規注文時に、「決済逆指値(S/L)」には損切り時の値を、「決済指値(T/P)」には利益確定時の値を入力する事でIFD注文やIFO注文を出すこともできます。

IFD注文は、「もし〇〇円だったら新規で買いたい、そのあと〇〇円になったら決済して売りたい」。

IFO注文は「もし〇〇円だったら新規で買いたい、そのあと○○円まで上がったら利益確定して売りたい。〇〇円まで下がったら損切りして売りたい。」

といったように、新規注文と決済注文を同時に予約しておく注文方法です。一見するとややこしそうに見えますが、新規注文と決済注文を同時に出すこの方法は、最もよく利用する事になります。

  • 「決済逆指値(S/L)」か「決済指値(T/P)」いずれかのみならIFD注文
  • 「決済逆指値(S/L)」か「決済指値(T/P)」両方ならIFO注文

IFD・IFO注文の方法については以下の記事で詳しく解説しています。

【MT4】スマホアプリでの決済OCO注文の方法

ポジションに「決済逆指値(S/L)」と「決済指値(T/P)」を指定することで、決済OCO注文を出すことができます。

OCO注文とは、同時に二つの注文を出しておき、「どちらかの注文が成立すれば、もう一方の注文は自動でキャンセルする」といった注文方法です。

OCO注文の方法

  1. 下部の斜め上矢印のアイコンをタップしてトレード画面を開く
  2. ポジションが表示されているので、OCO注文を出したいポジションを長押しします
  3. オーダー変更をタップする
  4. 「決済逆指値(S/L)」と「決済指値(T/P)」を指定する
  5. 変更をタップしてOCO注文の完了です

MT4スマホアプリの注文・決済のまとめ

MT4アプリを使って注文する場合は「気配値」・「チャート」画面から、決済する場合は「トレード」画面のポジションの一覧から行うことができます。

MT4アプリでは「成行注文」、「指値・逆指値注文」、「IFD注文・IFO注文・決済OCO注文」といった注文方法が可能です。

最初はPC版との違いに戸惑うかもしれませんが、慣れてくれば非常に便利です。是非活用してみて下さい。

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

チャートカテゴリの最新記事

ページトップへ
7周年記念キャンペーン!GEMFOREX口座開設で10,000円+200%ボーナス
詳細はこちら
GEMFOREX口座開設で最大20,000円プレゼント
詳細はこちら