MT4/MT5で使えるEAを見分けるための5つのポイント

  • 2020.04.16
  • 2021.07.09
  • EA
MT4/MT5で使えるEAを見分けるための5つのポイント

使えるEAを見分けるための5つのポイント

MT4やMT5を使ってトレードできる海外FXはEAを使った自動売買が盛んに行なわれています。

自動売買で勝つか負けるは、EAの性能にかかっていると言っても過言ではありません。

世界では数多くのEAが開発されており、その中から優秀なEAを厳選して探し出すのは至難の技です。

優れたEAを探すためには、性能がいいEAを多数取り扱っている会社やサービスを見極め、その中で優れたEAの条件を軸に探していくのが効率的な方法と言えます。

そこで今回は、使えるEAを見分けるために知っておきたい5つのポイントを紹介します。

MT4/MT5で使えるEAの5つのポイント

使えるEAの5つのポイント

使えるEAを正しく選んで運用しないと自動売買で勝つことはできません。自動売買取引で勝ち続けているトレーダーは、何を重視してEAを選んでいるのでしょうか?

EAの運用成績については基本的に配布サイトがデータを公開しているので、運用成績をもとに使えるEAかどうかを判断していくのがコツです。

ここでは、MT4/MT5で使えるEAの5つのポイントについて紹介していきます。

ポイント1  資産曲線のグラフが右肩上がりになっている

資産曲線とは、資産の増減を視覚的に分かりやすくグラフにしているものです。

  • 資産曲線が右肩上がりになっているEA →  勝率が高く使えるEA
  • 資産曲線が右肩下がりになっているEA →  勝率が低く使えないEA
  • 資産曲線がジグザグしているEA →  不安定でリスクが高いEA

と判断することができます。

資産曲線が全体的に右肩上がり上昇率が低下気味

上画像は全体的に右肩上がりになっています。このような資産曲線を描くEAは性能が良いEAと言えます。

ただし、上昇率がやや下がってきているので今後は下降に転じる可能性もあります。このような場合は成績が下がっても対応できるように、取引の時間軸を短く設定するのがコツです。

資産曲線をチェックするときは曲線の方向だけでなく角度にも注目しましょう。

ポイント2  プロフィットファクターが最低でも1.5以上

EAの配布先が公開している情報の中でも、特に要チェックなのが「プロフィットファクター」です。プロフィットファクターの意味は、プロフィット(利益)ファクター(要因)となり、ある期間における純利益と純損失の比率になります。

これだけ見ると少し難しく感じるかもしれませんが、計算式はいたって簡単です。

プロフィットファクターの計算方法

 純利益÷純損失=プロフィットファクター

たとえば、純利益が10万円で純損失が5万円ならプロフィットファクターは「2.0」です。

プロフィットファクターが1.0を下回ってしまうと、利益よりも損失が大きいEAになるので「負けているEA」ということになります。

使えるEAのプロフィットファクターの目安は「1.5」以上です。

それでは、「無料EA①」と「無料EA②」があるとして、それぞれの純利益と純損失からプロフィットファクターを計算してみましょう。

 

純利益

純損失

プロフィットファクター

無料EA①

40万円

30万円

1.5

無料EA②

200万円

180万円

1.1

純利益だけ見ると無料EA②の方が魅力的に見えますが、プロフィットファクターだけで比較すると無料EA①の方が優秀です。

安定した利益を出すなら、純利益や純損失だけでなくプロフィットファクターが「1.5以上」のEAをなるべく選びましょう。

ポイント3  取引回数が少なすぎない

EAは適度に取引をしているものを選びましょう。

勝率が高いEA=使えるEAというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、勝率が高いからと言ってEAの性能が高いとは限りません。

たとえば、1ヶ月で100pipsの利益を出したEAがあるとします。

1回の取引で100pipsの利益を出しのであれば、「ずっと保有してきたポジションを決済して100pipsを得た」、もしくは「1回の取引でたまたま100pipsを得た」だけかもしれません。

1回の取引で10pipsの利益を出して、1ヶ月間の間に10回勝てたのであれば、EAがきちんと相場を分析して勝てていると判断ができます。

具体的な取引回数についてはEAの運用期間によっても変わりますが、1ヶ月に数回から数十回以上の取引をして利益を出しているなら「使えるEA」と言えるでしょう。

ただし、スイングトレードやポジショントレードのようにポジションの保有期間が長いEAを使っているのであれば、1年に数十回程度の取引でも問題ありません。

ポイント4  最大ドローダウンが20%以下

ドローダウンとは、証拠金が「どれくらい減っているのかどうか」を表した数値です。

最大ドローダウンが20%以下

EAの情報をこまかく公開している配布先であれば、ドローダウンのデータも合わせて公開しています。

たとえば、ある期間中の有効証拠金の最大値が100万円、有効証拠金の最小値が90万円だったとします。この場合、10%の損失が発生している計算ですが、この10%が最大ドローダウンです。

ドローダウンはどんどん更新されるものであり、現在の最大ドローダウンよりも2倍程度のドローダウンは発生する可能性があると考えておく必要があります。

最大ドローダウンが50%のEAだと、場合によっては100%のドローダウンが発生するかもしれないわけです。100%のドローダウンが発生すると、すべての資金が無くなってしまいます。

ドローダウンは小さければ小さいほど良く、目安としては最大ドローダウンが20%以下のEAを選びましょう。

ポイント5  バックテストの成績がいい

バックテストとは、過去のデータをもとにEAが取引をした場合にどんな結果になるかどうかを検証するテストです。

バックテストは市場の流動性を無視し、スプレッドの変動も考慮しないで行われます。そのため、過去の相場に合わせても同じ結果にはなりませんが、「どんな風にEAの性能が偏移してきたか」をチェックする分には最適なツールです。

EAのバックテストの結果を見て、資産曲線が指数関数的に右肩上がりになっているなら現在の相場にも十分通用し、資産曲線の上昇率が少しずつ落ちているなら、EAが相場に合わなくなっています。

バックテストだけでEAの性能を判断するのは良くありませんが、EAを使用するかどうかの判断材料にはなります。

もちろん、バックテストの結果が良いに越したことはありません。バックテストの方法については以下の記事を参考にしてください。

EA選びの注意点

EA選びの注意点

無数にあるEAの中から、自分のトレードに適した使えるEAを探す場合はいくつか注意点があります。

1つのEAにこだわらない

使えるEAのポイントで紹介したように、EAの性能は過去の成績に基づいて判断していきます。

どんな優秀なEAであっても、長期的に運用していけば相場に合わなくなっていくのが普通です。

自動売買で利益を出しているトレーダーは、EAを定期的に組み替えて相場にマッチした自動売買取引を行なっています。単純に優秀なEAを使うだけでなく、EAの使い分けやタイミングなども自動売買で勝つためには重要なのです。

相場にマッチしなくなったEAに足を引っ張られないためにも、1つのEAにこだわりすぎないように注意しましょう。

運用成績をこまかくチェックしてEAに、

  • ドローダウンが上がる
  • プロフィットファクターが下がる
  • 資産曲線が右肩下がりになる
  • バックテストの成績が悪くなっている

などの変化が見られるようになったら潔くEAの運用を止めて、新しいEAにシフトしましょう。

有料EAよりも無料EAがおすすめ

EAには「有料EA」と「無料EA」が存在しています。「ただより安いものはない」という言葉があるように、無料EAに比べて有料EAの方が使えそうな気がしますよね。

しかし、EAに関して言えば有料EAも無料EAも性能にそこまで差はありません。

初心者なら有料EAではなく無料EAをおすすめします。EAにかかるお金を取引資金に回す方が賢明です。

もう一つ、有料EAよりも無料EAの方が良いのは、EAは定期的な組み替えが必要になるという理由もあります。

お金をかけて買ったEAなら、「できるだけ長く大事に使いたい!」と思うのが普通です。しかし、EAは有料でも無料でも運用期間が長くなればなるほど成績が下がってしまいます。

お金を出して買ったという理由で、相場に通用しなくなったEAを手放せなくなるケースも少なくありません。

もちろん「冷静な判断ができる」、「資金に余裕がある」という方なら有料EAも視野に入れてもいいでしょう。

MT4/MT5で使えるEAがある入手先を選ぶ

使えるEAがある入手先を選ぶ

MT4やMT5に使えるEAを入手する方法には、

  • 個人サイトからダウンロードする
  • EA配布会社で購入する
  • 海外FXのサービスを活用する

などがあります。個人サイトにも優秀なEAを集めているサイトはたくさんありますが、一昔前に流行したEAで現在の相場に通用しないケースも少なくありません。

そうなると、EA配布会社で購入するか、口座開設をする海外FXのEAサービスを利用するかのどちらかになります。

EAサービスがない海外FX業者ならEA配布会社で購入するしかありませんが、EAサービスがあるなら海外FX業者のEAがおすすめです。

海外FX業者のEAサービスを活用して使えるEAを探すなら、もともとEAの開発や提供を行っているGem-tradeのFX会社「GEMFOREX」がおすすめです。

取り扱っている無料EAの数は150以上で、EAの開発を行っているからこその無料EAサービスとなっています。

GEMFOREXの無料EAは、成績・ダウンロード数ごとにランキング化されているので、常に最新の情報をチェックしながら勝てるEAを選べるのも大きなメリットです。

まとめ

MT4/MT5で使えるEAを見分けるために知っておきたい5つのポイントを紹介してきました。

自動売買取引をする場合、取引の明暗は使うEAによって決まってしまいます。自動売買で利益を出すためにもEA選びにはこだわりましょう。

また優秀なEAを見つけた後も「一つのEAにこだわらない」というのは肝に銘じておきましょう。

海外FXはハードルが高いと思っていませんか?

CTA-IMAGE 口座開設数47万口座!人気急上昇中の日本語完全対応海外FXブローカ-GemForex。

GemForexは入金不要で証拠金10,000円 or 20,000円プレゼント、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナスキャンペーンを実施中。

まずは新規口座開設ボーナス分だけでトレードが可能!GemForexはリスクを極限まで抑えた海外FXデビューが可能です。
ページトップへ
今ならGEMFOREX口座開設で20,000円ボーナス
詳細はこちら
今ならGEMFOREX口座開設で20,000円ボーナス
詳細はこちら