MT4対応おすすめ海外FX業者5選!【2020年版】メリット・デメリットを紹介

MT4対応おすすめ海外FX業者5選!【2020年版】メリット・デメリットを紹介

海外FXでMT4を使った取引がしたい。

しかし海外FX初心者を悩ませる最大の問題があります。それは「どこの海外FX業者で始めるのがいいのか?」という問題です。

今回は、海外FX業者選びで押さえておきたいポイントと、そのポイントを押さえたMT4対応のおすすめ海外業者を5つに絞って、メリット、デメリット併せて紹介しています。

是非参考にしてください。

海外FX業者選びで押さえておきたいポイント

海外FX業者選びで押さえておきたいポイント

一口に海外FXといっても非常に多くの業者が存在します。その中から自分に合った業者を選ぶのは難しいと感じる方もいるでしょう。

まず海外FX業者選びで押さえておきたいポイントを紹介します。

1.日本語サポートに力を入れている・日本人スタッフがいる

大前提として日本語サポートを行っているところから選ぶようにしましょう。

余程英語が得意という方でもない限り、メールや入出金手続きなどは面倒ですし、利用規約などの細かい部分を完全に理解するのは難しいでしょう。

FX業者のWebサイトが日本語対応しているなら、まずは一安心です。更に不自然な日本語表現がなく、読みやすければ、日本でのサポートに力を入れているという事がわかりますし、単純に読みやすいというのもあります。

「日本人スタッフがサポート対応します」という業者なら、更に安心感は増します。

2.運営歴のあるFX業者を選ぶ

FXは自分の大切なお金を預託して売買取引を行うものです。できるだけ信頼性・安全性の高い業者を選びたいところです。

金融ライセンスの有無などもそうですが、運営歴も信頼性のある業者選びの一つの指標になります。

できたばかりのFX業者などは例え内容が充実していても様子を見た方がよいでしょう。少なくとも4年はFX業者としての運営実績があるところを選ぶのが無難です。

3.ボーナス、レバレッジ、スプレッドなどを中心に総合的に判断する

海外FX各社ともできるだけ顧客を獲得したいので、様々な企業努力を行っています。

例えば口座を開設するだけで貰えるボーナスやハイレバレッジ、低スプレッドなど海外FXには魅力的な多くのセールスポイントが存在します。

これらは人によって何を重視するかが変わってきます。例えば「スキャルピング」のような短期で多くの取引をする場合、スプレッド(取引手数料)はより重視するポイントになってきます。

新規口座開設ボーナスは、これから海外FXを始めようか迷っている人や、少額からFXを始めたいと考える人の背中を押してくれる嬉しい要素です。また入金ボーナスは100%なら入金額の倍の証拠金でトレードを行えるため、自己資金が少なくてすむので、ボーナスの有無でかなりリスクが違ってきます。

今回紹介する5社は重視するポイントこそ違えど、いずれも総合力に優れた海外FX業者です。

MT4対応おすすめ海外FX業者5選!【2020年版】

※表は各FX業者の人気口座の情報です。

1. GemForex

GemForex

オールインワン口座(STP口座)

最大レバレッジ 1000倍
ボーナス
  • 口座開設ボーナス10,000円~20,000円
  • 最大100万円入金100%ボーナス(定期的)
平均スプレッドUSDJPY 1.6pips
日本語サポート メール・ライブチャット
取引通貨ペア 33種類
最低取引量 1,000通貨(0.01ロット)
取引ツール MT4
ロスカット水準 証拠金維持率20%以下
ゼロカットシステム 採用(追証なし)
創業 2014年
金融ライセンス ニュージーランドFSP

メリット

日本人経営FXブローカーなので、日本語サポートは万全。メール対応なども非常に迅速です。

最大レバレッジ1000倍は業界トップクラス、ゼロカットシステム採用で追証なし。

最大の魅力はボーナスで、「新規口座を開設すると10000円~20000円のボーナス」、「最大100万円までの100%入金ボーナス」など、他海外FX業者の追随を許さない豪華なキャンペーンを随時行っています。

「とりあえず新規口座開設のボーナス分だけでトレード」といったこともできるので、リスク0で始めることができ、口座開設のハードルは格段に低いと言えます。

自動売買(EA)にも力を入れており、口座を開設した人は無料で300種類以上の優秀なEAを利用する事が可能です。

また初心者がつまずきがちなMT4の使い方を、日本語の動画で丁寧に説明している点もありがたいポイント。

デメリット

GemForexのデメリットとして金融ライセンスの未取得がよく挙げられていましたが、2019年6月にニュージーランドの金融ライセンスを取得しています。出入金トラブルがない点などと併せ、懸念されていた信頼度という点で隙がなくなったと言えます。

取引通貨ペアは33種類で、マイナー通貨で取引したい人にとってはこの数字は少し物足りないかも。

おすすめ度「★★★★★」

 

2. XM

XMスタンダード口座(STP口座)

最大レバレッジ 888倍
ボーナス
  • 口座開設ボーナス3000円
  • 5万円まで入金100%ボーナス+ 5~225万円の入金20%ボーナス(登録時)
  • 取引に応じたポイントボーナス
平均スプレッドUSDJPY 1.8pips
日本語サポート メール・ライブチャット
取引通貨ペア 57種類
最低取引量 1,000通貨(0.01ロット)
取引ツール MT4, MT5
ロスカット水準 証拠金維持率20%以下
ゼロカットシステム 採用(追証なし)
創業 2009年
金融ライセンス セーシェル金融庁

メリット

運営歴は11年で新規口座開設数は100万人を突破しており、日本のみならず世界でも人気のある海外FX業者です。

約定スピードの早さを売りにしているだけあって、約定スピード、約定率共に非常に優秀です。(全取引の99.35%を1秒以内に約定)

最大レバレッジ888倍、ゼロカットシステム採用。

また世界30言語に対応しており、もちろん日本語もしっかりサポート。取引プラットフォームはMT4の他にMT5にも対応。

Gem Forexほどではありませんが、ボーナスもFX業者の中ではトップレベルと言えるでしょう。

デメリット

海外FX共通で言える事でもあるのですが、スプレッドはやや広めとなっており、取引コストはどうしてもかかってしまいます。

おすすめ度「★★★★☆」

 

3. AXIORY

AXIORYナノスプレッド口座(ECN口座)

最大レバレッジ 400倍
ボーナス
  • 常時ボーナスはなし
  • 最大2万円お年玉入金100%ボーナスなど季節的な入金キャンペーン
平均スプレッドUSDJPY ※0.8pips(0.2)
日本語サポート メール・ライブチャット
取引通貨ペア 61種類
最低取引量 1,000通貨(0.01ロット)
取引ツール MT4, cTrader
ロスカット水準 証拠金維持率20%以下
ゼロカットシステム 採用(追証なし)
創業 2012年
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)

※手数料を含めた実質スプレッドで表示しています。()内はスプレッドのみの表示。

メリット

2013年創業で運営歴は7年になるFX業者です。

海外FXはスプレッドが基本広めなのですが、AXIORYは業界最高水準の低スプレッドを実現しています。特に好評なナノスプレッド口座(ECN口座)は、取引コストが非常に低くスキャルピング(短期取引)に向いている業者と言えます。

また自主的に信託保全を導入しており、顧客資産は全額補償。そして完全NDD方式採用で、透明性のある取引環境や、トレーダーの安全性を重視していることがうかがえます。

取引プラットフォームは、短期トレードに向いているcTraderにも対応しています。勿論MT4にも対応。

デメリット

海外FXは豪華なボーナスやキャンペーンが魅力の一つでもあるのですが、AXIORYには常時開催されているようなボーナスはありません。

またレバレッジも最大400倍で海外FX業者の中では平均的なものとなっています。

初回入金額はすべての口座タイプで20,000円で少し経験者向けともいえます。

おすすめ度「★★★★☆」

 

4. TITANFX

TITAN FXブレード口座(ECN口座)

最大レバレッジ 500倍
ボーナス

常時ボーナスはなし

平均スプレッドUSDJPY ※1.0pips(0.3)
日本語サポート メール・電話・ライブチャット
取引通貨ペア 57種類
最低取引量 1,000通貨(0.01ロット)
取引ツール MT4, MT5
ロスカット水準 証拠金維持率20%以下
ゼロカットシステム 採用(追証なし)
創業 2014年
金融ライセンス バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

※手数料を含めた実質スプレッドで表示しています。()内はスプレッドのみの表示。

メリット

日本人トレーダーに絶大な支持を得ていた「PepperStone」(2014年に日本でのサービスを終了)の生まれ変わりとも言われるTITANFX。

元PepperStoneの役員で構成されている業者なので、似ているのも当然と言えるでしょう。日本でのサービスノウハウもあり、日本語のサポートも万全です。

超低スプレッド、約定スピードの速さ、透明性のある取引環境で今最も勢いのあるFX業者と言ってもいいでしょう。

AXIORYと同じくスキャルピング(短期取引)に向いている業者と言えます。

取引プラットフォームはMT4の他にMT5にも対応。

デメリット

取引環境に力を入れている反面、ボーナスは完全に切り捨てています。「その分取引環境や低スプレッドで還元しますよ」というのがTITANFXのポリシーです。

レバレッジは最大500倍でこちらも海外FX業者では平均的な数字となります。初回入金額はすべての口座タイプで200USD(相当額)でこちらも少し高め。

おすすめ度「★★★★☆」

 

5. Tradeview

TradeviewILC口座(ECN口座)

最大レバレッジ 200倍
ボーナス 常時ボーナスはなし
平均スプレッドUSDJPY ※0.7pips(0.2)
日本語サポート メール・電話
取引通貨ペア 71種類
最低取引量 1,000通貨(0.01ロット)
取引ツール MT4, MT5
ロスカット水準 証拠金維持率100%以下
ゼロカットシステム 採用(追証なし)
創業 2004年
金融ライセンス イギリス領ケイマン諸島(CIMA)

※手数料を含めた実質スプレッドで表示しています。()内はスプレッドのみの表示。

メリット

2004年創業の比較的歴史のある海外FX業者です。金融ライセンスは信頼性が非常に高いCIMAライセンスで、取得している海外FX業者は稀です。

日本では知る人ぞ知る海外FX業者で、業界トップレベルの低スプレッドと約定力を兼ね備えており、特にILC口座 (ECN)は仮想通貨取引にも対応しており、顧客満足度も非常に高いです。

ゼロカットシステム採用で追証なし、透明性の高いNDD方式を採用。

取引プラットフォームはMT4, MT5, cTrader, バイキング(Currenex)と主流のものから最先端のものまで網羅しています。取引通貨は71種類と幅広くマイナー通貨の取引を行い方にもおすすめできます。

デメリット

運営歴もあり強みも多いTradeviewですが、知名度はそこまで高くありません。日本でのサポートに力を入れていなかった(日本のサービスは2016年から)というのが理由の一つです。

ただ近年は日本語サポートにも力を入れ、少しずつ対応してきています。

また人気のECN口座は最低入金額が10万円と敷居が高く、ロスカット水準は証拠金維持率100%以下で資金管理の面でも上級者向けと言えるかもしれません。

レバレッジはスタンダード口座で最大で500倍、ECN口座なら200倍となっています。

おすすめ度「★★★☆☆」

迷ったらGemForexで始めてみよう

迷ったらとりあえずGemForexで始めてみよう

ここで挙げている業者はどれも優秀ですが、迷ったらGemForexで始めてみることをおすすめします。

業界トップレベルのレバレッジ、徹底した日本語サポート、追証なしのゼロカットシステム採用など総合的にも非常に優秀ですが決め手は別にあります。

最大の決め手は「ボーナス」が破格であり、入金不要の新規口座開設のボーナスだけでトレードを始められる点です。

新規口座開設の20,000円ボーナスで最初の一歩をノーリスクで踏み出せるというのは非常に安心できる材料です。また随時行われる入金100%ボーナスを活用し、自己資金を節約して極力リスクを抑えることもできます。

海外FX経験者は勿論、これから海外FXを始めるという方に特におすすめの業者になります。

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

MT4/MT5の特徴カテゴリの最新記事