高機能FX取引ツール「MT4」とは?特徴やメリット・デメリットをわかりやすく紹介

高機能FX取引ツール「MT4」とは?特徴やメリット・デメリットをわかりやすく紹介

海外FXを始めたい初心者必見!MT4とは?何ができる?

MT4(メタトレーダー4)はFXを行うための無料取引ツールです。

国内ではあまり馴染みはないかもしれませんが、その機能の高さや使いやすさから世界中で最も利用されている取引ツールです。

本記事では、「MT4」にはどんな機能があるのか、その特徴やメリット・デメリットを初心者の方にもわかりやすく解説しています。

\期間限定!新規口座開設で20,000円分の証拠金が貰える! /

MT4(メタトレーダー4) とは?

MetaTrader 4公式サイト:https://www.metatrader4.com/ja

MT4とは、MetaTrader 4(メタトレーダー4) の略で、ロシアのMetaQuotes Software社が開発した、FXを行うための無料取引ツールです。

数多くの自動売買プログラム(EA)を使った自動売買や、50種以上の標準搭載のインジケーターを使った裁量トレード、そしてカスタイマイズ性の高さからプロのトレーダーにも愛用されています。

独自の取引ツールが主流の国内FX業者でも、高機能なMT4を使いたいというニーズに応え、採用している業者はいくつかあります。

海外に至ってはなんとほぼ全ての海外FX業者がMT4を採用しています

MT4のメリット

MT4が世界中で支持されているのには理由があります。ここではMT4が評価されている主な5つのメリットを紹介します。

1. 50種類以上のインジケーターが標準搭載・追加も可能

50種類以上のインジケーターが標準搭載・追加も可能

MT4には50種類以上のテクニカル指標が標準搭載されています。

テクニカル指標は「インジケーター」と呼ばれ、過去のチャートデータ(トレンドや偏差・価格)から、次の値動きの目安になる情報を抽出して作成された指標のことです。

50種類以上という数字は他の取引ツールと比較しても抜きん出ている数字です。

また、外部から好きなインジケーターを追加することも可能です。これらの無数のインジケーターを駆使することによって、高度な分析を行うことができます。

2. 無数のEAを使った自動売買ができる

無数のEAを使った自動売買ができる

MT4ではEA(エキスパート・アドバイザー)と呼ばれる取引プログラムを設定することにより、自動売買(システムトレード)ができます。

会社で働いている時、家事をしている時などでも、自動で取引をしてくれます。中々時間が取れない人の心強い味方となってくれるでしょう。

極めて合理的な売買ができるので、「裁量トレードではどうしても冷静な判断ができない…」という方にもシステムトレードはおすすめです。

このEAもMT4ではインジケーター同様に非常に多くの種類があり、無料のものから有料のものまでインターネットを通じて入手できます。

少し上級者向けになりますが、プログラミングの知識があれば、誰でもEAを開発し公開することもできます。これもMT4の大きな魅力の一つです。

3. 軽快な動作で裁量トレードでも力を発揮する

自動売買がMT4の大きな特徴でありますが、MT4は軽快な動作にも定評があり裁量トレード(手動の取引)でも力を発揮します。

機能面でもチャート上からそのまま注文を出せる「ワンクリックトレード」が搭載されており、一瞬の判断が迫られる裁量トレードの取引をサポートします。

また、自分好みのテクニカル指標や、多くのラインオブジェクトを利用すれば取引の精度はより上がります

4. カスタマイズ性が高い

カスタマイズ性が高い

取引ツールの中には仕様や制限のため、こちらが用意されたトレード環境に合わせなければいけないということはよくあります。

しかし、MT4で無数のテクニカル指標やEAを駆使すれば、自分に合ったトレード環境にカスタマイズする事ができます。

国内FX業者の独自取引ツールを使っているトレーダーでも、「テクニカル分析時だけはMT4を使う」という方も少なくありません。MT4を使える国内業者を探したり、海外FXに移行してくる方も非常に多いです。

FXに本気で取り組むならMT4で自分にあったトレード環境を用意したいところです。

5. MT4採用業者が多い

MT4採用業者が多い

MT4はほぼ全ての海外FX業者が採用している世界標準の取引ツールです。

取引ツールのシェア率が高いことによるメリットは非常に大きく、「インジケーターやEAの開発が盛んでクオリティ・数ともに圧倒的」、「情報が多く困った時の解決策が見つけやすい」、「覚えた取引ツールの操作方法を他のMT4採用業者でも使える」などが挙げられます。

特に操作方法についてはMT4の後継ツールであるMT5でもほとんど変わらないため、一度覚えてしまえば後に操作方法で困る事は少ないでしょう。

6. EAのバックテストができる

バックテストとは、EA(自動売買プログラム)を過去のデータを元にテスト稼働させることで、動作の確認や損益・勝率などのパフォーマンスを検証することです。

FXにおいて資金は無限にあるわけではありません。バックテスト成績はEAを実際に導入するかどうかの大きな判断材料になります。

MT4ではバックテストの機能が標準で搭載されています。過去チャートの相場を使って「資金・期間・通貨ペア・スプレッド」などのパラメーターを細かく設定することで精密なバックテストを行なうことができます。

 

MT4のデメリット

MT4にもいくつか気をつけておきたいデメリットはあります。こちらも確認しておきましょう。

1. 最初は操作方法に戸惑う可能性あり

最初は操作方法に戸惑う可能性あり

MT4という取引ツール一つで、テクニカル分析から自動売買、注文決済まで全てできます。

機能が色々備わっているだけに、最初は操作方法に戸惑ってしまうかもしれません。

国内FXなどの独自取引ツールでは、初心者の方にも使いやすいよう必要最低限な機能だけを取り入れて、極力わかりやすいようにしているところもあります。

実際は使っていく内に問題なく慣れていくので心配は無用です。もしわからないことがありましたら、当サイトを参考にしていただければと思います。

2. MacでMT4を使うにはWindows環境を用意する必要がある

MT4はWindows環境で動くように開発されており、Macで動かすことを想定していません。これはMacユーザーの方には大きなデメリットであるといえるでしょう。

もしMacでMT4を利用する場合は、MacにWindows環境を用意してあげる必要があります。

いくつか方法がありますが、一番簡単な解決方法はMac対応MT4をダウンロードできる業者を選ぶことです。

他にもMacでMT4を動かす詳しい方法については以下の記事で紹介しているので、是非参考にして下さい。

MT4は無料!まずはダウンロードしてみよう!

MT4は無料!まずはダウンロードしてみよう!

MT4は、対応しているFX業者のサイトから無料でダウンロードする事で利用できます。早速ダウンロードしてみましょう!

以下の記事でMT4のダウンロードからログインまでの手順をわかりやすく紹介しているので参考にして下さい。

以下がダウンロードの手順の大まかな流れです。ダウンロードして実際に使い始めるまで5分~10分程で完了します。

MT4ダウンロード~ログインまでの手順

  1. MT4対応のFX業者でデモ口座またはリアル口座を開設する
  2. MT4をダウンロードしてインストールする
  3. MT4にFX業者から送られてきたログイン情報を入力してログインする

MT4の使用感を試してみたいという方は、いきなりリアル口座を開設する必要はありません。

まずはデモ口座を使ってMT4がどんなものなのか体験してみて下さい。

MT4に関するよくある質問

その他、MT4についてよくある質問について解説します。

MT4はスマホでも使える?

MT4はスマホでも使う事ができます。

スマホアプリ(Android版、iPhone版)をそれぞれ「Google Play」ストア、「App Store」ストアからダウンロードします。

既にPC版のMT4を利用している人は、スマホアプリにログインIDとパスワードを入力することで、既存の口座にスマホからログインする事ができます。

これによって自宅のPC以外でも、場所を問わずにチャート確認や注文・決済などもできるので非常に便利です。

またタブレットにアプリを入れて使うこともできるので、スマホでは少し小さすぎるという方にはおすすめです。

MT4が使える国内のFX業者・証券会社はある?

独自ツールが主流の国内FX業者ですが、国内でもMT4を使う事ができる業者はいくつかあります。

また業者によっては、通常の口座を開設してからMT4口座を開設する必要があるので、公式サイトをよく確認しておきましょう。

  • 楽天証券 楽天MT4口座・・・国内大手のFX業者の中では唯一MT4採用業者
  • FXTF MT4・・・ゴールデンウェイ・ジャパンが提供するFXサービスでスプレッドは最狭
  • OANDA証券 ・・・親会社は海外FX業者のOANDAで、MT4の他にMT5も使える数少ない国内FX業者
  • 外為ファイネスト MT4・ZERO・・・香港を拠点としたHantecグループのFX業者でスキャルピングやEAなどの利用制限がない

MT4の他にもMT5もあるが違いは何?どっちがいい?

MT5(メタトレーダー5)はMetaQuotes Software社が2011年にMT4の高機能な最新版としてリリースしたものです。

基本的な使い方はそのままに「動作速度の向上」、「時間足やオブジェクトツールの種類の追加」などグレードアップしています。

それでもEAやインジケーターはMT4が充実していることもあり、思うようにはMT5への移行は進んでいません。それでも後継版である「MT5」や、ECN取引に特化した「cTrader」なども採用している業者も増えてきました。

MT4・MT5・cTraderの特徴をまとめてみましたので、自分にあった取引ツールを選択しましょう。

 海外FXの主な取引ツール

 

MT4は世界中で最も多くの人が利用している標準の取引ツールです。50種類以上のテクニカル分析ツールを使用でき、多くのプロトレーダーに愛用されています。

特に自動売買プログラム(EA)は多くの人に開発され充実しているため、システムトレーダーの方に特に向いています。

MT5は文字通りMT4の後継ツールです。利用者数こそMT5には敵いませんが、機能の追加も進んでおり、以前に比べ格段に使いやすくなっています。

特に動作速度・表示速度は、軽快であると言われているMT4より更に向上しています。一方、開発されているテクニカル指標やEAは、MT4にまだ分があります。

裁量トレーダーの方や動作速度を重視する方に向いています。

cTraderはMT4/MT5ほど知名度はありませんが直感的に動かしやすいデザイン、板情報や一括決済などの機能が充実しています。

最大の特徴は、スキャルピングやデイトレードを主軸としたECN取引に特化して開発された取引ツールである点です。

反面、EAやテクニカル指標の種類はMTシリーズよりは少ないので、スキャルピングなどを目的とした裁量トレーダーに特におすすめのツールになります。

 海外FX6社対応取引ツール比較表

海外FX業者

MT4

MT5

cTrader他

gemforexGemForex公式 ×
XM XM Trading公式サイト ×
AXIORY Axiory公式
TITANFX TitanFx公式 ×
exness exness公式 ×
tradeview Tradeview公式

(cTrader /Currenex)

いずれも無料なので、先にFX業者のサイトからダウンロードして、デモ口座などで使用感を試してみてもいいでしょう。

MT4でサクサクトレードするのに必要なPCのスペックは?

以下の表が、ストレスなくMT4を稼働するために必要なパソコンのスペックになります。

CPU

インテルCore i5、AMD Ryzen5以上

メモリ

8GB以上

HDD/SSD

HDD500GB以上、またはSSD256GB以上

このスペックであれば、通常の取引でストレスを感じることはないでしょう。

MT4自体は昔からある取引ツールなので、最近のPCを使っている方は問題なく使う事ができるでしょう。

ただし自動売買でずっとMT4を稼働させる場合、スキャルピング取引(超短期トレード)、1台で複数のMT4/MT5を稼働する場合、画面上に多くのインジケーターやチャートを表示させる場合などは、ハイスペックPCでないと重くなる可能性があります。

ウェブでもMT4は使える?どこから使う?

通常MT4やMT5はPCにソフトをインストールして利用するのが一般的ですが、近年はWeb上でMT4/MT5を稼働させるウェブトレーダーも普及しています。

ウェブトレーダーは対応しているFX業者からアクセスする事ができ、ネットが使える環境さえあれば誰でも無料で利用できます。

ウェブトレーダーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

まとめ

MT4について簡単にまとめると、

MT4とは…

  • MT4はMetaTrader 4(メタトレーダー4) の略でFXを行うための無料取引ツール
  • 数ある取引ツールの中で最も人気なのがMT4
  • MT4は無料でダウンロードできる!

MT4はFX取引において、非常に心強い味方になってくれるでしょう。是非利用してみて下さい。

海外FXはハードルが高いと思っていませんか?

CTA-IMAGE 口座開設数80万口座達成!人気急上昇中の日本語完全対応海外FXブローカ-GemForex。

今なら入金不要で証拠金20,000円プレゼント!トレードで得た利益はもちろん出金可能。

まずは新規口座開設ボーナス分だけでトレードを始めることもできるため、リスクを極限まで抑えた海外FXデビューが可能です。
ページトップへ