MT4でこれだけは入れておきたいおすすめ無料インジケーター5選

MT4でこれだけは入れておきたいおすすめ無料インジケーター5選

MT4でこれだけは入れておきたいおすすめ無料インジケーター5選

MT4には使えるインジケーターが多数搭載されていますが、その他にも無料で使える優秀なインジケーターがネット上に数多くあります。

MT4を使ってテクニカル分析するなら、標準のインジケーターだけでなく無料インジケーターも活用すべきです。無料インジケーターを活用して、より精度が高い分析を行いましょう。

そこで今回は、MT4でこれだけは入れておきたいおすすめ無料インジケーターを5つ紹介します。

1. RCI

RCIは、MT4に標準搭載されている「RSI」と並び、オシレーター系の指標として高い人気を誇る無料のインジケーターです。初心者でも利用しやすいので、MT4に入れておきましょう。

1-1 特徴

RCIは「Rank Correlation Index」の略で、「スピアマンの順位相関関係」という別称があります。オシレーター系のインジケーターとして人気ですが、トレンド系の分析もできる優れたインジケーターです。

RCIは、「売られ過ぎているのか買われ過ぎているのかを見極めて、相場の状態から売買のタイミングを判断する」テクニカル指標になります。

チャート分析と言えば、「上昇した値幅や上昇率」または「下降した値幅や下落率」を重視しているインジケーターがほとんどです。しかし、RCIは終値を重視しており、現在の日付から近い順に終値に順位をつけて分析します。

RCIの大きなメリットは、

  • トレンド転換の把握ができる
  • エントリーポイントの把握ができる
  • レンジ相場に強い

の3点です。相場分析においてRCIは有効なインジケーターと言えるでしょう。

1-2 使い方・見方

RCI表示

MT4でRCIを表示させると、サブウィンドウに波型のラインが現れます。RCIの真ん中のラインが0となり、それより上がプラスで下がマイナスです。(※画像ではRCIの線の太さや色を変更しています)

下の画像をご覧ください。

波の動きから売買タイミングの把握ができる

RCIは、価格の動きに沿って上下しているため、RCIが底から上がり始めたタイミングを“買い”、天井から下がり始めたタイミングを“売り”というように、波の動きから売買タイミングの把握ができます。

また、RCIUは天井・底に近づけば近づくほどトレンド転換が起こりやすい特長があるので、天井・底値をトレンド変換のタイミングと捉えるのも良いでしょう。

他にも無料インジケーターの中には、RCIを同時に3本表示させて分析できるタイプもあります。

ダウンロードリンク

 fxnav_RCI3 : https://www.fxnav.net/img/mt4/indicator/fxnav_RCI3.ex4

買われ過ぎ売られすぎ

3本のRCIが80%を超えていたら買われ過ぎ、-80%を下回っていたら売られ過ぎと判断し、逆張りエントリーのポイントにすることも可能です。

RCIと言ってもいろいろなインジケーターが公開されているので、使いやすいものを選びましょう。

1-3 注意点

価格が上昇や下降を続けると、RCIは100%・-100%に近い位置で横ばい状態になります。強いトレンドが発生している場合、RCIだけで逆張りするのはハイリスクです。

強いトレンドが見られる場合は、RCIで押し目を確認してから順張りエントリーをするのが良いでしょう。たとえば、「RCIが100%から80%になった時点で売り、-100%から80%になった時点で買い注文を入れる」などです。

また、RCIの精度を高めるために、ボリンジャーバンドなど他のインジケーターと併用して利用するのも良いでしょう。

2. ピポット

ピポットは、複数のレジスタンスラインとサポートラインを使って分析するインジケーターです。先物市場で広く使用されているインジケーターで、為替市場にも高い分析能力を発揮します。

ダウンロードリンク

 ピポット : https://fx-kaigai-trade-blog.com/fx-xm-604/#PIVOTMT4

2-1 特徴

ピポットは、アメリカのJ.Wワイルダーが作りだしたテクニカル指標で、「リアクション・トレンド・システム」とも呼ばれています。ワイルダーはRSIやパラボリックなどのインジケーターの生みの親であり、ピポットも世界に広く浸透しています。

ピポットは前日の価格をベースに、その日のサポートラインやレジスタンスラインを予測するテクニカル指標です。他のインジケーターと違い確認する期間の設定が不要なので、初心者でも簡単に使うことができます。また、順張りにも逆張りにも使えるのが大きなメリットです。

2-2 使い方・見方

ピポットは7つのラインで構成されている

ピポットは7つのラインで構成されています。

  • R3(上昇トレンド転換点)
  • R2(レジスタンスライン2)
  • R1(レジスタンスライン1)
  • pivotポイント
  • S1(サポートライン1)
  • S2(サポートライン2)
  • S3(サポートライン3)

ピポットは相場の圧力を見るために使うことも可能で、ピポットより価格が上に位置していれば昨日の相場より上昇の圧力が強く、ピポットより価格が下に位置していれば昨日の相場より下降の圧力が強いと判断できます。

R1やR2は上に行けば行くほど上昇圧力が強く、反対にS1やS2は下に行けば行くほど下降圧力が強いと判断できます。

R1やR2は上に行けば行くほど上昇圧力が強く反対にS1やS2は下に行けば行くほど下降圧力が強いと判断できる

他にも、S2、S3、R2、R3などをサポートライン・レジスタンスラインとして使用することもできます。たとえば、R2・R3やS2・S3に価格が達している場合は、そのトレンドが続く可能性が高いと判断できるので順張りエントリーのタイミングにするなどの応用もできます。

サポートライン・レジスタンスラインとしても使用できる

2-3 注意点

ピポットは前日の値をベースにしているので、ラインが効果的なのは当日のみです。長い期間のトレンドに使用するのは難しく、ピポットのみで判断するとエントリーポイントの判断を間違う場合があるので注意しましょう。

移動平均線など長期のトレンド方向性を分析するインジケーターと組み合わせることで、ピポットの精度を高めることができます。

また、レンジ相場であればS2やR2を逆張りエントリーのタイミングとして捉えることもできますが、ダマシも少なくありません。特に初心者はピポットのみで逆張りするのは控えましょう。

3. BBマックディー

BBマックディーは、MT4に搭載されているボリンジャーバンドとマックディーを組み合わせた無料インジケーターです。どちらも単体でも有能なインジケーターですが、組み合わせることで高い効果を発揮します。

3-1 特徴

BBマックディーは、“ボリンジャーバンド(BB)”と“マックディー(MACD)”を組み合わせたインジケーターで、それぞれのメリットを活かした分析ができます。

BBとMACDの特徴は次の通りです。

BB  : ボリンジャーバンドの幅の動きに沿ってチャートが動くとトレンドが発生すると予測ができる。

MACD : マックディーが「0」以上のときに上昇トレンド、「0」以下のときに下降トレンドが発生していると予測ができる。

これらの特徴を組み合わせるため、BBマックディーは「ボリンジャーバンドが示すトレンドが上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかをマックディーで分析していく」インジケーターになります。

つまり、BBマックディーは相場の転換点を見極められるのが大きなメリットです。

3-2 使い方・見方

BBマックディー表示

BBマックディーで表示されるボリンジャーバンドは「±1σ」のみとなります。

BBマックディーの使い方ですが、まず“チャートの動きとボリンジャーバンドの動きに着目”します。

下の画像をご覧ください。

ボリンジャーバンドとチャートの動きに相関性があるのが分かりますね。チャートの動きだけ見ると上昇トレンドに見えますが、ボリンジャーバンドだけでは判断できません。

次にマックディーに着目すると、マックディーが0を超えているのが分かります。次の時間足で見てもレートが上昇しており、マックディーの動きから“上昇トレンド”と判断できます。

このケースだと、マックディーが0を超えたタイミングで買いの順張りエントリーを行い、マックディーが下降に転じた時点で決済すると大きな利益が得られます。

ボリンジャーバンドとマックディーを組み合わせることで、分析能力が高まっているのが分かりますね。

3-3 注意点

ボリンジャーバンドとマックディーを組み合わせた分析は、MT4に標準搭載されているインジケーターを使って行うことができます。

BBマックディーは、最初から2つのインジケーターが合体されている状態なので便利ですが、個々にこまかな設定を行う場合は、別々に表示させた方が良いケースもあります。ボリンジャーバンドについては±1σのみのライン表示となる点にも注意しましょう。

4. エントリーポイントが分かるインジケーター

海外FX初心者にとって、チャートを見ながら売買タイミングを判断するのは難しいポイントです。

エントリーポイントを見極めるためにおすすめするのが、このインジケーターです。他の無料インジケーターと違って名称はありませんが、エントリーポイントを知るためにもぜひダウンロードしておきましょう。

ダウンロードリンク

 エントリーポイントが分かるインジケーター:https://fxdd-support.com/download/018/#

4-1 特徴

エントリーポイントの把握ができるインジケーターは無数に公開されていますが、機能や性能にこだわり過ぎて、エントリーポイントが分かりにくいものも少なくありません。

特に初心者はシンプルであればシンプルなほど迷う必要もないので、単純明快なインジケーターを利用するのがおすすめです。

このインジケーターはシンプルな売買サインを表示するだけですが、ここぞというタイミングでシグナルが出ていて的中率も高くなっています。

4-2 使い方・見方

買いのタイミング・売りのタイミング

買いのタイミングで青色矢印が表示されており、売りのタイミングで赤色矢印が表示されています。青色のタイミングで買い、赤色のタイミングで売れば大きな利益が望めます。

トレンド相場になると青矢印と赤矢印の間隔が長くなり、レンジ相場になると青矢印と赤矢印の間隔が短くなるのも特長です。トレンド相場だけでなく、レンジ相場におけるエントリーポイントの把握ができるのも魅力です。

矢印が連続するようなレンジ相場であれば、矢印をスキャルピングの売買タイミングにするのも良いでしょう。相場の分析に使用するインジケーターではありませんが、このインジケーターのようにエントリーの補助をしてくれるインジケーターの利用もおすすめです。

4-3 注意点

初心者でも簡単に使えるインジケーターですが、矢印だけで判断してエントリーしていると、ダマシに遭う可能性もあるので注意しましょう。また、後から見るとエントリーポイントを見逃してしまっているケースもあります。

他のインジケーターを組み合わせて使用するのもコツです。たとえば、マックディーで売買サインが出ているのを確認してからエントリーするなど、保険をかけて使用するのもおすすめです。

5. GMMA

MTのテクニカル分析でよく使用するのが移動平均線ですが、GMMAは複数の移動平均線を表示する無料のインジケーターです。通常の移動平均線を複数表示させる方法と違い、簡単に便利に複数の移動平均線の解析ができます。

ダウンロードリンク

 GMMA長期 : https://kuratatsu.com/fx/lp/ind-long-gmma.html

 GMMA短期 : https://kuratatsu.com/fx/lp/ind-short-gmma.html

5-1 特徴

GMMAには長期と短期があります。長期GMMAはトレンドラインとしての機能を果たすので、長期線が上下どちらの方向に向いているかどうかを把握することで買い・売りどちらの戦略を果たすべきかの判断材料になります。

GMMAは、

  • トレンドの強さ
  • トレンドの種類

など、トレンド解析に強みを持つインジケーターです。1本の移動平均線を使って解析するよりも信頼性が高い分析ができます。

5-2 使い方・見方

青が長期GMAA赤が短期GMAA

短期GMMAも長期GMMAも単独で使って解析することもできますが、どちらも同時に使って解析した方が分析の精度は高まります。

トレンドの強弱は、束の幅を見て把握できます。1つ1つのラインの間隔が広ければ強いトレンド、1つ1つのラインの間隔が狭ければ弱いトレンドです。

トレンドの強弱は束の幅を見て把握できる

また、短期GMMAの束と長期GMMAの束の間隔が狭いとトレンドは弱く、束の間隔が広いとトレンドは強いと判断できます。

短期GMMAの束と長期GMMAの束の間隔が狭いとトレンドは弱く束の間隔が広いとトレンドは強いと判断できる

エントリーのタイミングとしては、短期GMMAと長期GMMAが交差するポイントから、次に短期GMMAと長期GMMAが交差するポイントになります。画像⑬をご覧ください。

上手く下降トレンドに乗っているのが分かりますね。このように、2つのGMMAを利用してトレンド把握やエントリーポイントのタイミングを見つけましょう。

5-3 注意点

GMMAは短期での売買に使うこともできますが、基本的に短期の分析にはおすすめできません。移動平均線は時間軸が短くなるほどダマシに遭う確率が高くなってしまうためです。

ただし、他のインジケーターに比べると注意する点は少なく、ローソク足が頻繁に動くタイミングや経済指標発表前後を避けて使用すればローリスクで使えます。

GMMAはラインが多いインジケーターなので、サブ画面で使えるオシレーター系のRSIと併用して利用するのもおすすめです。

まとめ

MT4でこれだけは入れたい無料インジケーターを5選おすすめしました。無料で使えるインジケーターは数多くあり、活用することで分析機能を高めて勝率アップにつなげることができます。

今回おすすめした無料インジケーターは、初心者でも使いやすいものばかりです。“MT4に標準搭載されているインジケーターで十分!”という人もいますが、インジケーターの選択肢は多ければ多いほど多彩な分析ができて、他者との差別化を図ることもできます。

無料インジケーターを活用して、FXトレードに活かしましょう。

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

インジケーターカテゴリの最新記事