【MT4MT5】一目均衡表とは?使い方をわかりやすく解説!

【MT4MT5】一目均衡表とは?使い方をわかりやすく解説!

一目均衡表はMT/MT5に標準搭載されているトレンド系インジケーターの1つです。

5本のラインとローソク足を使い、トレンドの把握やエントリーのタイミングが判断できる実用性の高いインジケーターになります。

ぜひ、一目均衡表の見方や使い方を覚えてトレードに活用しましょう。

一目均衡表とは?

一目均衡表は、「相場は売り手と買い手の均衡が崩れた方向に動き、方向性が定まった後の行方は一目瞭然」という考えに基づいて作られたインジケーターになります。つまり、相場の方向性が分かれば、その流れは継続するものと考えてトレンドの把握や売買の判断ができるというわけです。

1936年に当時都新聞の部長として活躍していた細田悟一氏が考案しました。奥が深いインジケーターで、海外のトレーダーからも「Ichimoku」として広く使われており、FX取引だけでなく株取引でも多用されています。

1度に5つのラインが表示されるので、「一目均衡表は難しい」と感じる人も多いですが、それぞれのラインの役割が分かれば初心者でも簡単に分析ができます。

一目均衡表を表示させる方法

一目均衡表はMT4/MT5のトレンド系インジケーターの中にあります。

チャートには、「ナビゲーターウィンドウ」→「トレンド」→「Ichimoku Kinko Hyo」の手順で表示できます。

「ナビゲーターウィンドウ」→「トレンド」→「Ichimoku Kinko Hyo」

表示させたら、まずは5つのラインの違いの呼び方を覚えてパラメーターの設定を確認してください。

ラインの呼び名・役割について

まずは下図をご覧ください。5つのラインと雲が表示されているのが分かりますね。

ラインの呼び名

ラインの名称

解説

転換線

過去9日間の高値と安値の平均値をラインにしたもの

基準線

過去26日間の高値と安値をつなぎラインにしたもの

遅行スパン

当日の終値を26日前に表示したもの

先行スパン①

基準線と転換線の中間地を26日先に表示したもの

先行スパン②

52日間の高値と安値の平均価格を26日先に表示したもの

先行スパン①と先行スパン②の中間領域

一目均衡表はこの5つのラインや雲から相場を分析してエントリーの判断やトレンドを読み取っていきます。

パラメーターについて

一目均衡表をチャートに表示させるとき、パラメーターの設定画面が出てきます。

設定はデフォルトで

一目均衡表のデフォルト設定は開発者がベストな期間を考案した数値なので、基本的に変える必要はありません。デフォルトの数値が以下のようになっているか確認してください。

おすすめ設定(デフォルト)
  • 転換線:9日
  • 基準線:26日
  • 先行スパン:52日

ちなみに、海外では一目均衡表をデイトレードに活用する場合が多く、海外では以下のような設定で使われるケースが多いです。

海外(デイトレード中心)
  • 転換線:7日
  • 基準線:22日
  • 先行スパン:44日

このように全体的に日数が少なく設定されていますが、まずはデフォルトの設定に慣れてから自分のトレードスタイルに合ったパラメーターを見つけていくのも良いでしょう。

一目均衡表の見方・活用方法について

一目均衡表はラインの向きや他のラインとの関係、ローソク足との関係、雲の状態などから相場を分析して売買ポイントを探っていきます。

ここでは、一目均衡表の基本的な見方と活用方法について紹介します。

1. 転換線を使った分析

転換線は基準線との関係から以下のようにトレンドの判断ができます。

  • 転換点が基準線のに抜けると上昇トレンドのサイン
  • 転換線が基準線のに抜けると下降トレンドのサイン

また、二つのラインが交わるポイントでエントリー、次に交わるポイントで決済するなど売買の判断に活用することもできます。

転換線を使った分析

2. 基準線を使った分析

基準線は1本のラインだけでトレンドの向きや強さを判断するのに使えます。

  • 基準線が向きになっている(上昇トレンド
  • 基準線が向きになっている(下降トレンド

転換線に比べると時間軸が長いことから、長期的なトレンド分析に長けています。そのため、スキャルピングやデイトレードよりもスイングトレードでトレンドの把握がしたい人におすすめです。

3. 遅行スパンを使った分析

遅行スパンは当日の終値を26日前にスライドさせているので、1時間足なら26時間前の遅行スパンが現れます。

使い方としては、

  • 遅行スパンがローソク足のに抜けたポイント買い
  • 遅行スパンがローソク足のに抜けたポイントを売り

遅行スパンを使った分析

このように遅行スパンとローソク足の関係からエントリーのタイミングを判断します。ただし、遅行スパンのみだとダマシも多いので、基準線や転換線のラインなども意識しましょう。

4. 先行スパン・雲を使った分析

先行スパンに囲まれた雲を使って売買エントリーのタイミングを判断することもできます。他のラインがごちゃごちゃして分かりにくい場合は、転換線・基準線・遅行スパンを使用せず、あえて雲のみを使って判断するのも良いでしょう。

雲を使ったエントリーポイントの目安は次の通りです。

  • チャートが雲を下からに突き抜けたときに買いエントリー
  • チャートが雲を上からに突き抜けたときに売りエントリー

雲を使った分析

雲は厚いほど抵抗力が強く働き、薄いところは弱くなる傾向にあります。そのため、雲が厚くなった直後にトレンドが反転する場合もあれば、もちこたえてトレンドが維持する場合もあります。

三役好天と三役逆転の手法

一目均衡表は、1つ1つのラインが示すサインのみを使って分析することもできますが、複数のサインを組み合わせることでダマシの少ない分析ができます。

特に三役好天や三役逆転と呼ばれる3つのサインが揃うと強い売買サインになると言われています。三役好天、三役逆転のサインは次の通りです。

「三役好天:買いサイン」

  • 転換線が基準線を上抜く
  • 遅行スパンがローソク足を上抜く
  • ローソク足が雲を上抜く

「三役逆転:売りサイン」

  • 転換線が基準線を下抜く
  • 遅行スパンがローソク足を下抜く
  • ローソク足が雲を下抜く

要は今まで解説してきた買いの条件、売りの条件が複数出ている状態です。これらの条件が揃うと、ダマシに遭うリスクが小さくなり手堅く利益が取りやすくなります。

その代わり、個々のサインを見て分析するよりも見逃しは大きくなってしまいますが、リスクを減らして運用したい方は三役好天や三役逆転を売買サインにするとよいでしょう。

一目均衡表の注意点

一目均衡表の注意点

一目均衡表は大きな流れが掴みやすく、複数のラインや雲を使ってエントリーポイントの判断ができるメリットがあります。

その一方で、売り買いのポイントが遅れがちになりやすいことやレンジ相場では機能しにくい弱点もあります。特に転換線と基準線はクロスが頻発してダマシに遭いやすくなるので注意が必要です。

ダマシに遭わないためにも三役好天や三役逆転を徹底するか、RSIやストキャスティクスなど、レンジ相場に強いオシレーター系のインジケーターと合わせて使用すると良いでしょう。

まとめ

一目均衡表は、トレンドの把握や売買エントリーの判断に最適なインジケーターです。

複数のラインがあってサインも多くあるので難しいと感じるかもしれませんが、日常的に利用して見ていくと一目見ただけで簡単に相場分析ができるようになります。

特に雲を使った分析や三役好天、三役逆転などのサインは一目均衡表の基本になってくるので、意識して分析を行ってみてください。また、一目均衡表に慣れてきたらダマシに遭うリスクを減らすためにもオシレーター系のインジケーターと組み合わせて分析してみましょう。

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

インジケーターカテゴリの最新記事