【MT4/MT5】インジケーターの入れ方・表示方法

【MT4/MT5】インジケーターの入れ方・表示方法

初心者必見!インジケーターとは?表示、追加する方法

MT4/MT5では「インジケーター」という機能があります。

「インジケーター」は「テクニカル指標」とも呼ばれ、チャート上に次の値動きの目安になる情報を可視化して表示する指標の事です。

MT4では50種類以上のインジケーターが標準搭載されています。これだけでも十分なのですが、インジケーターは外部からも追加する事ができるのも大きな魅力です。

ネット上には無料のものから有料のものまで数多くのインジケーターが公開されています。

本記事では、インジケーターの種類、そしてMT4/MT5にインジケーターを入れて、表示する方法を解説します。またMQL5コミュニティサイトの登録方法なども併せて紹介しています。

一度慣れてしまえば次からは簡単に追加する事ができますよ。

 

\期間限定!新規口座開設で最低でも10,000円分の証拠金が貰える!/

インジケーターの種類

インジケーターの種類は大きく分けて「トレンド系指標」「オシレーター系指標」の2種類、そして「便利系のインジケーター」があります。

1. トレンド系指標

ボリンジャーバンド

トレンドとは為替相場の方向性の事で、その通貨が買われていると上昇し、売られていると下降します。トレンドを把握する事がFXで勝つためには不可欠です。

トレンド系指標はトレンドが発生しているか、上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、その動きを把握するための指標です。

主なトレンド系指標のインジケーター

  • 移動平均線・・・過去の一定期間の平均価格(終値の平均)を線で繋いだ指標
  • ボリンジャーバンド・・・移動平均線と、標準偏差を元に引いた線で構成される指標
  • 一目均衡表・・・5本のラインと「雲」と呼ばれる中間領域を使った指標

2. オシレーター系指標

RSI

オシレーターは振り子を意味し、オシレーター系指標は「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標です。相場の流れを読むトレンド系指標と違い、相場の強弱を判断する指標です。

主なオシレーター系指標のインジケーター

  • RSI・・・一本のラインで「売られすぎ」、「買われすぎ」を可視化した指標
  • ストキャスティクス・・・一定期間の高値と安値に対し、現在の価格がどのくらいの位置にあるのかを可視化した指標
  • MACD(トレンド系でもある)・・・短・中・長期の移動平均線とシグナルからなる指標

3. 便利系のインジケーター

直接テクニカル指標に関わるものではありませんが、売買ポイントがきたらアラート通知が出たり、チャートの表示時間に日本時間を追加したりといった便利な機能を搭載したインジケーターも数多く存在します。

これらのインジケーターは標準搭載されていることは少なく、オリジナルのインジケーターとしてネット上で公開されているものが多いです。

取引で不便に感じることがあったら探してみましょう。あなたが不便に思っている事は誰かも不便に思っているはずなので、何かしらのインジケーターが見つかる可能性が高いはずです。

MT4/MT5でのインジケーターの入れ方

MT4/MT5に新しく外部からインジケーターを入れるには、インジケーターファイルを自分のMT4/MT5の「Indicators」フォルダに保存する事で追加する事ができます。

インジケータ―ファイルはMT4用とMT5用のものがあるので注意しましょう。

今回はMT4を例に手順を紹介しますが、MT5も基本的に同じ手順で追加する事ができます。それでは実際にインジケーターを入れてみましょう。

STEP
1
追加したいインジケーターをダウンロードする

ここでは例としてチャートの表示時間に日本時間を追加するインジケーター(JPN_Time_SubZero)を入れてみます。

まずインジケーター(JPN_Time_SubZero)をダウンロードしましょう。こちらは無料で配布されているインジケーターです。

ダウンロードしましたら、zipファイルの中に「JPN_Time_SubZero.mq4」というインジケーターファイルがあります。(MT5用のものなら.mq5ファイル)

「JPN_Time_SubZero.mq4」

この.mq4ファイル(もしくはex4ファイル)という形式のファイルを自分のMT4に移動させることでインジケーターを追加する事ができます。

デスクトップやMT4関連のフォルダなどを作るなどして、わかりやすい場所に置いておきましょう。

こちらの.mq4ファイルを右クリックでコピーしておきましょう。

STEP
2
MT4の「Indicators」フォルダにファイルを移動させる

2-1 MT4を起動して、「ファイル」タブの「データフォルダを開く」をクリック

MT4を起動して「ファイル」タブの「データフォルダを開く」をクリックする

2-2 「MQSL4」「Indicators」の順にフォルダをクリックして開いていきます。

「MQSL4」をクリックする

「Indicators」をクリックする

2-3 開いた場所にMT4に標準搭載されているインジケーターが保存されています。こちらに先程コピーしていた「JPN_Time_SubZero.mq4」のファイルを貼りつけます。(ドラッグ&ドロップで移動させてもOK)

先程コピーしていた「JPN_Time_SubZero.mq4」のファイルを貼りつける

この時点ではまだMT4に新しく入れたインジケーターは反映されていません。

ここで一度MT4を閉じて、再起動させましょう。

STEP
3
インジケーターが追加されていることを確認する

再起動しましたらナビゲーターウインドウにインジケーターが追加されていることを確認して完了です。

もし追加されていなければ「Indicators」フォルダを確認して正しくインジケーターファイル(.mqファイル.exファイル)が反映されているか、その後MT4を閉じて再起動したかを今一度確認して下さい。

インジケーターが追加されているか確認する

「JPN_Time_SubZero.mq4」の詳しい設定については以下の記事で紹介しています。是非参考にしてください。

MQL5コミュニティからインジケーターを入れる方法

MQL5

MQL5コミュニティは、MT5およびMT4のユーザー向けにEAやインジケーターなどを提供・販売しているサイトです。

利用するにはユーザー登録をする必要があります。

外部のインジケーターやEAなどネット上で紹介されるものは、MQL5サイトからダウンロードするものも多くあるので、こちらからインジケーターを入れる手順も覚えておきましょう。

また英語サイトの日本語対応ページになるので、英語が混じって使いにくい印象を持つかもしれませんが、内容は非常に充実しています。

STEP
1
MQL5のユーザー登録

まずはMQL5コミュニティに登録する必要があります。

MQL5.com

公式サイトを開き右上の「アカウントを作成」をクリックし、登録のための「ユーザーID」「メールアドレを入力します。

ユーザーIDは任意で決めることができますが、半角英数字でなければなりません。また登録者が多いので、既に登録されているIDの場合は変更を求められます。

入力しましたら登録をクリックしましょう。

STEP
2
ログイン

先程登録したメール宛にパスワードが記述された登録完了のメールが送られてきます。

公式サイトの右上の「ログイン」をクリックし、「ユーザーIDまたはメールアドレス」と送られてきた「パスワード」を入力します。

入力しましたらログインボタンをクリックしましょう。

STEP
3
追加したいインジケーターをダウンロードする

MQL5公式サイトから利用したいインジケーターのダウンロードボタンをクリックします。

MT5を持っているかどうかを問われるので、「持っている」を選択します。

自動的にMT4/MT5が開きますのでインジケーターがインストールされているか確認しましょう。インジケーターはカスタムインジケーター部分に格納されています。

MQL5公式サイトから利用したいインジケーターのダウンロードボタンをクリック(MT5)

 

MQL5はMT4/MT5から直接アクセスできる

MT4/MT5のターミナルウィンドウ「マーケット」タブからも直接アクセスする事もできます。ただMT4/MT5から表示すると少し重くなるので注意しましょう。

MT4/MT5でインジケーターを表示する方法

チャート上にインジケーター表示する方法は主に3つあります。好きな方法で表示させてみましょう。

方法
1
ナビゲーターウインドウから表示する

1-1 「表示」タブの「ナビゲーター」でナビゲーターウインドウを表示させます

「表示」タブの「ナビゲーター」でナビゲーターウインドウを表示させる

1-2 ナビゲーターウインドウの「インディケーター」を開き、表示させたいインジケーターをクリック、またはチャート上にドラック&ドロップで表示させます。

ナビゲーターウインドウの「インディケーター」を開き、表示させたいインジケーターをクリック、またはチャート上にドラック&ドロップで表示

方法
2
挿入タブから表示する

ツールバーの「挿入」タブ→「インディケーター」から表示させたいインジケーターをクリックします。

「挿入タブ」の「インディケーター」から表示させたいインジケーターをクリックする

方法
3
インディケーターリストアイコンから表示させる

ツールバーの「インジディケータ―リストアイコン」からインジケーターを選択して表示させます。

ツールバーのインディケーターリストアイコンから表示させる

表示させたインジケーターの設定などを、「定型チャート」として保存しておくと便利です。

定型チャートとしての設定の保存方法は以下の記事で紹介しています。

MT4/MT5でインジケーターを削除する方法

インジケーターを削除したい場合も出てくると思います。削除する方法もいくつかあります。

方法
1
「チャート」タブから削除する

チャートタブの「表示中のインディケーター」をクリックし、削除したいインジケーターを選択して「削除」ボタンをクリックします。

「チャート」タブの「表示中のインディケーター」から削除する

方法
2
チャート上を右クリックして削除する

チャート上を右クリックで「表示中のインディケーター」をクリックし、削除したいインジケーターを選択して「削除」ボタンをクリックします。

チャート上を右クリックして削除する

方法
3
ショートカットキー(Ctrl+l)で削除する

ショートカットキー(Ctrl+l)でも「表示中のインディケーター」を表示し削除することができます。

スマホアプリでインジケーターを表示させる方法

【MT4】スマホアプリでインジケーターを追加・設定・削除する方法

MT4/MT5はスマホアプリでも利用する事ができます。スマホアプリでのインジケーターの表示方法は以下の記事を参考にして下さい。

正しアプリではインジケーターを新しく入れることはできません。標準搭載されているインジケーターのみの利用になります。

最新の口座開設ボーナスをチェックする

まとめ おすすめのインジケーターは?

今回はインジケーターを新しく入れる方法・表示方法・削除方法を紹介しました。

新しくインジケーターを入れる方法

  1. 追加したいインジケーターをダウンロードする

  2. インジケーターファイルをMT4/MT5の「Indicators」フォルダに移動させる

  3. インジケーターが追加されていることを確認する

MQL5からインジケーターをダウンロードする方法

  1. MQL5のユーザー登録をする
  2. MQL5から追加したいインジケーターをダウンロードする
  3. インジケーターが追加されていることを確認する

インジケーターを表示する方法

  • 「表示」タブナビゲーターウインドウからインジケーターを表示する
  • 「挿入」タブの「インディケーター」から表示する
  • ツールバーのインディケーターリストアイコンから表示させる

インジケーターを削除する方法

  • 「チャート」タブの「表示中のインディケーター」から削除する
  • チャート上を右クリックして削除する
  • ショートカットキー(Ctrl+l)で「表示中のインディケーター」表示し削除する

また、入れておくと便利なおすすめな無料インジケーターも以下の記事で紹介しています。この機会についでに入れてみてはいかがでしょうか?

 

海外FXはハードルが高いと思っていませんか?

CTA-IMAGE 口座開設数60万口座達成!人気急上昇中の日本語完全対応海外FXブローカ-GemForex。

今なら入金不要で証拠金10,000円プレゼント!トレードで得た利益はもちろん出金可能。

まずは新規口座開設ボーナス分だけでトレードを始めることもできるため、リスクを極限まで抑えた海外FXデビューが可能です。
ページトップへ