【MT4/MT5】MACD(マックディー)とは?使い方をわかりやすく解説!

【MT4/MT5】MACD(マックディー)とは?使い方をわかりやすく解説!

【MT4/MT5】MACD(マックディー)とは?使い方をわかりやすく解説!

MACD(マックディー)というインジケーターを聞いた事はありますか?

MACD はMT4/MT5にデフォルトで搭載されているインジケーターです。

インジケーターには様々なテクニカル分析の手法が存在しますが、その中でもMACDは売買ポイントを判断する上で非常に重要な役割を担います。また多くのトレーダーが利用しているインジケーターでもあります。

今回はそんなMACDの見方や使い方を解説いたします。

MACD(マックディー)とは?

MACD(マックディー)とは「Moving Average Convergence and Divergence」の略で直訳すると移動平均収束拡散法といった意味になります。

以前、移動平均線(Moving Average)というインジケーターをご紹介しましたが、このMACDも移動平均線を用いてテクニカル分析の指標とします。

具体的には、短期の移動平均線と中長期の移動平均線、そして「シグナル」と呼ばれる移動平均線を組み合わせて、売買ポイントを判断します。

オシレーター系とトレンド系の2つの要素をあわせもつテクニカル指標とも言われています。

MACD(マックディー)の表示方法

MACD(マックディー)のインジケーターはMT4/MT5に標準搭載されています。新しくダウンロードする必要はありません。

1. ナビゲーターウィンドウから「オシレーター」「MACD」をダブルクリックします。

ナビゲーターウィンドウから「オシレーター」の「トレンド」の「MACD」をダブルクリックする

2. MACDの設定ウィンドウが開きます。今回はデフォルトのままで「OK」をクリックします。

MACDの設定ウィンドウ

(※設定では「短期EMA」、「長期EMA」、「シグナル」などの期間を変更できます。)

世界中の多くの人が参考にしているデフォルトのパラメーターが一番参考にしやすいです。

おすすめ設定(デフォルト)

「短期EMA:12 長期EMA26 シグナル:9」

MACDを表示させた画面はこんな感じです。

MACD表示

チャート画面の下に、サブウインドウとしてMACDの画面が表示されます。

EMAとは

EMAとは指数(平滑)移動平均線のことです。

EMAは日本でよく使われている単純移動平均線(SMA)の欠点を補正するために生まれたもので、より直近のデータに比重を置いたものになります。

MACD(マックディー)の見方・使い方

ラインをシグナルヒストグラムをMACDと呼ぶ

白のヒストグラム(棒グラフ)は「MACD」と呼びます。(インジケーター自体もMACDと呼ぶので少しややこしいですが…)

赤のラインは「シグナル」と呼びます。

計算式

ヒストグラム MACD:短期(12)EMA-長期(26)EMA

ライン シグナル:MACDの単純移動平均線(9MA)

1. 0ラインを基準として上昇トレンド、下降トレンドを読み取る   

0ラインを基準として上昇トレンド下降トレンドを読み取る 

MACDつまり「短期(12)EMA-長期(26)EMA」の値が丁度0の場合、ヒストグラムでは何も表示されてない部分「0ライン」になります。ここから+なら上に棒グラフが伸びて上昇トレンド、-なら下に棒グラフが伸びて下降トレンドと読み取れます。

短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜ける買いのサインの現象を「ゴールデンクロス」、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜ける売りのサインの現象を「デッドクロス」と呼びます。

MACDはこの状態を視覚的にわかりやすく読み取ることができます。

0ラインを基準にしてトレンドを読み取る

  • 棒グラフが0ラインを境にに伸び始めた場合「ゴールデンクロス」買いのシグナル
  • 棒グラフが0ラインを境にに伸び始めた場合「デッドクロス」売りのシグナル

2. MACDの傾きの変化からトレンドの強弱を読み取る

MACDの傾きの変化からトレンドの強弱を読み取る

MACDの傾きの変化からトレンドの強弱を読み取ることができます。

上の画像(プラスの領域での変化)を参考に二つの例を挙げてみます。

まず最初に上昇トレンドでMACDが「上向き」で、その傾きが「強い」状態があります。

これは「短期(12)EMA-長期(26)EMA」の値が大きくなって、短期 (12)EMAが長期(26)EMAをどんどん引き離してるという事になり、上昇トレンド「加速」しているといえます。

次に上昇トレンドでMACDが「下向き」で、その傾きが「強い」状態があります。

これは「短期(12)EMA-長期(26)EMA」の値が小さくなって、短期 (12)EMAが長期(26)EMAに迫ってきているという事になり、上昇トレンド「失速」しているといえます。

下降トレンドの場合でも同じように傾きの変化からトレンドの強弱を読み取ることができます。

まとめると…

MACDがプラス領域の時の傾きの変化

MACDが「上向き」なら、上昇トレンドの勢いが「加速」していて買いのシグナル

MACDが下向きなら、上昇トレンドの勢いが「失速」していて売りのシグナル

MACDがマイナス領域の時の傾きの変化

MACDが「下向き」なら、下降トレンドの勢いが「加速」していて売りのシグナル

MACDが「上向き」なら、下降トレンドの勢いが「失速」していて買いのシグナル

また傾きが強ければ強いほどそのサインは強く出ていて、その精度も高くなります。

3. シグナルとMACDが交差する地点に売買ポイントがある

シグナルとMACDが交差する地点に売買ポイントがある

シグナルとMACDを交差する場所を見る事でも上昇トレンド、下降トレンドを読み取ることができます。

一般的に

MACDがシグナルを「下から上」へ抜ける時、上昇トレンドとなり買いのシグナル

MACDがシグナルを「上から下」へ抜ける時、下降トレンドとなり売りのシグナル

と言われています。ただ今回はMACDをヒストグラムで表していますので、この説明では若干わかりにくいかもしれません。少しかみ砕いて説明しますと・・・

シグナルより下に突き出ていたMACD(ヒストグラム)が上に抜ける時買いのシグナル

シグナルより上に突き出ていたMACD(ヒストグラム)が下に抜ける時売りのシグナル

シグナルより下に突き出ていたMACD(ヒストグラム)が上に抜ける時、上昇トレンドとなり買いのシグナル

シグナルより上に突き出ていたMACD(ヒストグラム)が下に抜ける時、下降トレンドとなり売りのシグナル

こう言い換えて覚えてもいいかもしれません。

MACDのヒストグラムをラインに変更して2本線表示にする方法

MACDのヒストグラムをラインに変更して2本線表示にする方法

ヒストグラムとラインの組み合わせがわかりにくいという方には、ヒストグラムをラインに変更する方法がおすすめです。以下の記事で変更する手順を紹介しているので、参考にしてみて下さい。

MACDのメリットとデメリット

MACDのメリットとデメリット

メリット

MACDのメリットとしては、まず非常にわかりやすい点が挙げられます。

0ラインを基準としてのトレンド判断や、シグナルとMACDが交差する場所での買いや売りのシグナルは、視覚的に非常にわかりやすく、初心者の方でもすぐに取り入れられる気軽さがあります。

またMACDは指数(平滑)移動平均線(EMA)利用しているので単純移動平均線(SMA)より、直近の値動きに対しては敏感に動いてくれます。これによりトレンドの転換をいち早く読み取ることができ、トレンド相場において真価を発揮するでしょう。

デメリット

デメリットとしては、レンジ相場で信頼性が低くなるという点です。だらだらとしている横ばいの相場ではダマしのシグナルが出てしまい扱いが難しくなります。

先程メリットの面でトレンド相場において真価を発揮すると述べました。しかしあまりにも急激なトレンドの場合は、どうしてもシグナルの発生自体が遅れてしまいます。これに関しては移動平均線をベースにしている以上仕方のない部分ではあります。

MACDは非常に多くのトレーダーに使われているテクニカル指標です。MACDのメリット、デメリットを把握して、この機会に是非活用してみてください。

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

インジケーターカテゴリの最新記事