【MT4/MT5】RSI(相対力指数)とは?使い方をわかりやすく解説!

【MT4/MT5】RSI(相対力指数)とは?使い方をわかりやすく解説!

【MT4/MT5】RSI(相対力指数)とは?使い方をわかりやすく解説!

RSI (相対力指数)は「売られすぎ」、「買われすぎ」を示すオシレーター指標の中でも、最もポピュラーなチャートの一つです。

RSI はMT4/MT5にデフォルトで搭載されているインジケーターです。

今回はそんなRSIの見方や使い方を解説いたします。

RSI(相対力指数)とは?

RSI(相対力指数)はRelative Strength Indexの略称で、日本語では「相対力指数」と呼ばれています。

テクニカル指標の父、J.W.ワイルダーが開発したいわゆるテクニカル指標です。

RSIは「売られすぎ」、「買われすぎ」の数値を可視化してグラフにしたもので、いわゆるオシレーター系指標です。

特徴としてRSI(アールエスアイ)は一本のラインで表されるので、非常に単純でわかりやすい反面、売買サインにはだましが出やすく、過度な信用は禁物でローソク足や他のテクニカル分析と合わせて見るなどの工夫が必要です。

RSI(相対力指数)の表示方法

RSI(相対力指数)のインジケーターはMT4/MT5に標準搭載されています。新しくダウンロードする必要はありません。

1. ナビゲーターウィンドウから「オシレーター」「トレンド」RSIをダブルクリックします。

ナビゲーターウィンドウから「オシレーター」の「トレンド」の「RSI」をダブルクリックする

2. RSIの設定ウィンドウが開きます。今回はデフォルトのままで「OK」をクリックします。

RSIの設定ウィンドウ

(※設定では「短期」、「適用価格」、「下限設定」、「上限設定」などを変更できます。)

期間は考案者が「14」を推奨しているので、デフォルト設定のままがおすすめです。

「レベル表示」タブから30%と70%のラインの色も変更できる

「レベル表示」タブから30%と70%のラインの色も変更できます。見やすい色や太さに変更してもいいかもしれません。

設定が完了しましたらチャート画面の下に、サブウインドウとしてRSIの画面が表示されます。

RSI表示

RSI(相対力指数)の3つの見方・使い方

1. 30%と70%のラインから逆張りポイントを判断する

0%と70%のラインから逆張りポイントを判断する

RSIは0%~100%を推移するグラフで表示されます。

グラフが70%のラインを越えれば「買われすぎ」の状態、グラフが30%のラインを割ると「売られすぎ」の状態となります。

これらを視覚的に判断で容易に判断できるのがRSIの強みです。

ラインから見る売買判断基準

70%以上「買われすぎ」→逆張りして 売り

30%以下「売られすぎ」→逆張りして 買い

「買われすぎ」「売られすぎ」の状態になったら価格の反発を狙い、反対方向にエントリーする、いわゆる「逆張り」がRSIの基本的な使い方になります。

注意点

RSIは一定の価格で推移するボックス相場において非常に有効ですが、トレンド相場の場合「だまし」が多くなり、判断が難しくなるというデメリットがあります。

70%のラインを越えても上昇トレンドが続く

上図のように70%のラインを越えて逆張りすると、そのまま上昇トレンドが続いて損失が拡大するという事になりかねません。

対策としてはチャートにトレンドラインを引く、ボリンジャーバンドなど他のインジケーター等と組み合わせて使うといった方法が有効ですが、それでも完全とは言えないでしょう。

トレンド相場ではRSIは信用しないというのが大事です。

2. ダイバージェンスを利用して売買ポイントを判断する

ダイバージェンスとは

ダイバージェンスとは価格の動きとオシレーター系のテクニカル指標(RSI、MACD)の動きが逆行する現象で、トレンドの反転のサインとなります。

ダイバージェンスを利用した売買パターン

価格が高値を更新→テクニカル指標(RSI、MACD)の値は切り下がっている

価格が安値を更新→テクニカル指標(RSI、MACD)の値は切り上がっている

近々トレンドが反転する可能性が高いサイン!

価格が高値を更新しているのにテクニカル指標は切り下がっている

3.リバーサルを利用してトレンドの継続を読み取る

リバーサルとは

リバーサルとはヒドゥンダイバージェンス(隠れたダイバージェンス)やコンバージェンスとも呼ばれ、ダイバージェンスとよく似た現象です。

ダイバージェンスはトレンド転換のサインでしたが、リバーサルはトレンドの継続のサインとなります。

上昇トレンドで価格の安値は上がっているがテクニカル指標の値が切り下がっている

リバーサルシグナルを見つけてトレンドの継続を読み取る

上昇トレンドで価格の安値は上がっている → テクニカル指標(RSI、MACD)の値が切り下がっている

下降トレンドで価格の高値は下がっている → テクニカル指標(RSI、MACD)の値が切り上がっている

トレンド継続の可能性が高いサイン!

まとめ

RSIは一本のラインで表されるので、非常に単純で分かりやすいのがメリットです。特にレンジ相場では30%と70%のラインを越えた「買われすぎ」、「売られすぎ」の指標は参考になるはずです。

反面デメリットとして、トレンド相場では売買サインにはだましが出やすいのが特徴です。なのでチャートの価格と見比べてダイバージェンスやリバーサルのサインを探したり、他のインジケーターと合わせて見るなどの工夫が必要です。

過度の信頼は禁物ですが、気軽に使えるテクニカル指標です。是非参考にしてください。

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

インジケーターカテゴリの最新記事