Exness(エクスネス)の口コミ・評判は?特徴を徹底解析!

Exness(エクスネス)の口コミ・評判は?特徴を徹底解析!

Exness(エクスネス)の評判は?特徴を徹底解析!

Exness(エクスネス)は2008年に運営を開始した、海外でも人気の高いFX業者です。

2014年にライセンス取得の関係で一旦日本人居住者の受け入れを停止していましたが、2020年に再度受け入れを開始し話題になりました。

本記事では、Exness(エクスネス)の詳細な取引情報、口コミや評判、他社との比較などを交え、特徴を解説していきます。

Exness(エクスネス)のメリット

1. 日本人スタッフ在籍で日本語対応に不安なし

海外FXを利用するにあたってまず気になるのは日本語対応です。

Exnessのサポートデスクには日本人スタッフが在籍しており、平日は朝の8時から夜の12時までライブチャットで問い合わせをすることが可能です。また、メールでの問い合わせも24時間受け付けており、1営業日以内には何らかの返答を受け取ることができます。

このため英語力などは全く必要なく、国内FX業者と変わらない感覚で利用する事が可能です。

2. 最大レバレッジが無制限

最大レバレッジが無制限

 

Exness最大の特徴はレバレッジ「無制限」が選べるという点。

海外FXではハイレバレッジ取引が魅力の一つですが、無制限というのは中々類を見ない破格の条件です。

なお無制限レバレッジを利用するには、以下の条件を満たしている必要があります。

レバレッジ「無制限」の利用条件

  • MT4であること(MT5なら最大2000倍)
  • 口座残高が1000USD未満であること
  • 10回以上の取引を行っていること
  • 取引量5ロット(50万通貨)以上の取引を行っていること

3. 全てのニーズに応える4つの口座タイプ

初心者~上級者まで全てのニーズに応える4つの口座タイプ

Exnessには「一般的なスタンダード口座」と、「上級者ニーズに応え細分化された3つのプロ口座」の合わせて4つの口座タイプが用意されています。

このため、初心者から上級者まで全ての人が自分にあった口座タイプを選択する事ができます。

Exnessの口座タイプと特徴

  • スタンダート:手数料無料、最低入金額は1ドルからで初心者が始めやすい標準的な口座タイプ。
  • ロースプレッド:狭いスプレッドかつ固定手数料なので実質スプレッドはナンバーワン。
  • ゼロ:最狭スプレッドの口座タイプ。ただ手数料が銘柄によって変動する点は注意。
  • プロ:手数料は無料、即時約定を唯一採用でスリッページが起こらない。反面約定拒否が起きる点は注意。

またその全てで海外FXトップクラスの低スプレッドを実現しています。

  スタンダード(STP) ロースプレッドECN) ゼロECN) プロ(MM)
手数料(1lot) 無料 往復7ドル

往復7ドル~

(取引銘柄によって変わる)

無料
最低入金額 1ドル~ 1000ドル~ 1000ドル~ 1000ドル~
約定方式

成行約定

(約定拒否なし)

成行約定

(約定拒否なし)

成行約定

(約定拒否なし)

即時約定

(スリッページなし)

USD/JPY

1.4 1.0(0.3) 1.1(0.4) 0.9

EUR/USD

1.0 0.7(0.0) 0.7(0.0) 0.7

GBP/USD

1.5 0.9(0.2) 1.0(0.1) 1.0

EUR/JPY

1.9 1.1(0.4) 1.1(0.1)

1.2

GBP/JPY

2.0 1.2(0.5) 1.5(0.0) 1.2

AUD/USD

1.5 0.9(0.2) 1.0(0.0) 0.9

※比較4社は全て平均スプレッドとなります。単位はpips表記

※手数料を含めた実質スプレッドで表示しています。()内はスプレッドのみの表示。

4. ロスカット水準はなんと0%!ゼロカットシステムも採用

ロスカット水準はなんと0%!ゼロカットシステムも採用

ロスカット水準とは、設定された証拠金維持率に達するとポジションが強制決済することです。

他の大手海外FXでは20%を採用しているところが多いですが、Exnessでのロスカット水準はなんと0%更にゼロカットシステムも採用しています。

これは資金が完全に尽きるまで取引が可能で、なおかつ証拠金以上の損失が出ることもないという事です。

  スタンダード(STP) ロースプレッドECN) ゼロECN) プロ(MM)
マージンコール 60% 30% 30% 30%
ロスカット水準

0%

ゼロカットシステム

採用(証拠金以上の損失なし)

5. 取引通貨ペアは107種類!仮想通貨取引にも対応

取引通貨ペアは107種類!仮想通貨取引にも対応

Exnessの取引通貨ペアは107種類と他の海外FX業者と比較しても群を抜いており、銘柄選びで困る事はほぼありません。

他のCFD銘柄も株式や貴金属、エネルギーに加えて仮想通貨取引にも対応しており充実しています。

取り扱い銘柄比較

 

exness exness スタンダード

AXIORY

Axiory

TITANFX TitanFx

XM Trading

取引通貨ペア

107種類

61種類

60種類

57種類

貴金属

 10種類

4種類

11種類

現物2種類

先物2種類

株価指数

 10種類

10種類

21種類

現物14種類

先物10種類

株式

71種類

米国78種類

欧州79種類

65種類

なし

エネルギー

 2種類

5種類

4種類

先物5種類

コモディティ

 なし

なし

なし

なし

仮想通貨

13種類

なし

34種類

31種類

Exness(エクスネス)のデメリット

1. レバレッジ制限がキツイ

最大レバレッジが無制限のExnessですが、口座残高によるレバレッジ制限が他の海外FXと比較してキツイのがデメリットです

口座残高が10万円程で早々に制限がかかっていくため、資金のある方なら他の海外FX業者を利用した方が、結果的によりハイレバレッジで取引をできるというケースも珍しくありません。

レバレッジ無制限を存分に利用できるのは、どうしても資金の少ない期間限定という事になってしまいます。

他にも土日、祝日前後や経済ニュース・経済指標の発表時にレバレッジが200倍に制限される点にも注意が必要です。

Exnessの口座残高によるレバレッジ制限

口座残高 最大レバレッジ
0円~10万円未満 無制限
10万円以上~30万円未満 2000倍
30万円以上~100万円未満

1000倍

100万円以上~200万円未満 600倍
200万円以上~500万円未満 400倍
500万円以上~2000万円未満 200倍
2000万円以上~ 100倍

※口座残高は1ドル100円計算での表記になります。

2. ボーナスがない

海外FXと言えば、「新規口座ボーナス」や「入金ボーナス」といった豊富なボーナスが魅力のひとつですが、Exnessではそういった常設のボーナスは行っていません。

ハイレバレッジで少ない証拠金で大きな儲けを狙えたり、初心者が少額からでも始めやすい環境は整っていますが、証拠金は自分で全て用意する必要があります。

しかし、ボーナスを完全に切り捨てている代わりに、メリットで挙げたような優れた取引環境を提供できていると考えることもできます。

3. 入出金手段は豊富もクレジットカードでの入金拒否・エラーが多い

Exnessの入出金

手数料もかからず、入出金手段も豊富なExnessですが、クレジットカードでの入金が拒否される・エラーが多いとの指摘がよくされています。

これは、海外FX業者は日本の金融庁に登録されていないため、トラブル回避のためカード会社で制限がかかるケースがあるためです。規制強化の流れという事ですね。

そのためExnessではクレジットカード以外の入金手段も準備しておく必要があります。

入金方法

  手数料 最低入金額 反映時間
国内銀行送金

無料

10USD 1時間~1営業日

クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB)

無料 10USD 即時
Bitwallet 無料 10USD 即時
STICPAY 無料 10USD 即時
Perfect Money

無料

50USD 即時
WebMoney

無料

10USD 即時
ビットコイン

無料

10USD 72時間以内
Tether (USDT OMNI)

無料

10USD 72時間以内

※ローススプレッド、ゼロ、プロの3口座の初回最低入金額は1,000USD

出金方法

  手数料 最低出金額 反映時間
クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB) 無料 指定なし 72時間以内
Bitwallet 無料 指定なし 即時
STICPAY 無料 指定なし 即時
PerfectMoney 無料 指定なし 即時
WebMoney 無料 指定なし 即時
ビットコイン 無料 指定なし 72時間以内
Tether (USDT OMNI) 無料 指定なし 72時間以内

Exnessの口コミと評判

ここでは、ネット上にあるGemForexの口コミや評判を紹介します。

一点注意点として、口コミは利用者の率直な意見が聞ける反面、感情的な意見など信用性に欠けるものも多く存在します。あくまで一つの声という認識で参考にしてみて下さい。

両建ができて使い勝手がいい

Exnessの良い評判として多かったのは両建てができることでした。

海外FX業者の多くは両建てが禁止されており、違反すると口座凍結や出金拒否などのペナルティを受けます。

その点、Exnessは両建てが違反ではなく、実際にアービトラージで稼いでいるつぶやきや口コミなどが多くあります。

スワップフリーが使いやすい

Exnessでは、最初から仮想通貨、株式、株価指数、ゴールドなどの銘柄のスワップが0で、一定量の取引を行うとFX通貨ペアのスワップも0になります。

日をまたいでポジションを保有する場合、スワップによる損失が減るのでお得に感じられます。

他の業者からスワップフリーのExnessに戻ってきたというつぶやきもあります。

自動売買の収支報告が多く人気

Exnessを利用している人の自動売買の収支報告もよく見受けられます。

このような呟きが盛んなのはスプレッドが狭いことやスワップポイントが大きいなど、自動売買に向いている取引環境と言えるでしょう。

改善傾向も入出金でエラー報告あり

exnessの入出金のエラー報告がそこそこ目立ちます。

エラーは入出金ルールの見落とし、入力ミス、登録ミスもあるので一概に業者の不手際とも言い切れません。

特に海外FXでは入出金の手段には注意が必要です。依然使えていたものが使えなくなったり、反対に使えるようになったりと変更になることも多いので公式サイトをよく確認しておきましょう。

プロ口座での約定拒否の不満が多い

プロ口座での約定拒否に関する不満が目立ちます。

プロ口座は即時約定方式なので、スリッページはないのですが約定拒否があります。

他の3つの口座タイプは成行約定(約定拒否なしスリッページあり)なので、気になる方はプロ口座以外を利用するといいでしょう。

信頼性・安全性

資金管理

Exnessの顧客資産の保全方法は「顧客資産と同額を分別管理」で、多くの海外FX業者と同様のオーソドックスなものになります。

第三者の信託銀行で管理する「信託保全」は行っていないので、国内FX業者程の信頼性はありません。

金融ライセンス

金融ライセンスについては、セーシェル金融庁(FSA)より金融ライセンス(SD025)を取得しています。有名どころではXMなどもライセンス登録しているものになります。

またExnessはグループ会社として世界中に展開しており、それぞれしっかり金融ライセンスを取得して営業しています。中にはイギリスFCAなどの信頼性が高いものも含まれています。

取引形態

Exnessでは全ての口座タイプで透明性の高いNDD方式を採用しています。

プロ口座でのみNDD方式の中でも即時約定の注文方式をとっており、約定拒否がない代わりにスリッページが起こる可能性があるのが特徴です。

出金拒否については規約に違反した取引をしていなければ行われる心配もなく、総合的に見ても安全性・信頼性の高い海外FX業者です。

取引ツール

TitanFXで使える取引ツールは「MT4」と「MT5」です。

Exnessで使える取引ツールは大きく分けて、インストールして利用する「デスクトップターミナル」インストール不要でウェブ上で利用できる「ウェブターミナル」、そしてスマホで利用できる「モバイルターミナル」の3種類に分けられます。

まずは基本的なデスクトップターミナル。こちらはカスタムインジケーターやEAの数が多く自動売買に向いた「MT4」と、基本性能が高い「MT5」が選ぶことが可能です。

インストール不要でブラウザから取引したい場合はウェブターミナルを利用しましょう。MT5ベースに独自開発された「Exnessターミナル」MT4口座を利用している人には、「MetaTraderウェブターミナル」が用意されています。

最後はスマホ用のアプリであるモバイルターミナル。こちらはそのままMT4、MT5のアプリ版を利用する事もできますが、独自開発の取引ツール「Exnessトレーダー」も推されています。好みに応じて利用しましょう。

取引スペック詳細

  スタンダード(STP) ロースプレッドECN) ゼロECN) プロ(MM)
最大レバレッジ

MT4:無制限

MT5:2000倍

MT4:無制限

MT5:2000倍

MT4:無制限

MT5:2000倍

MT4:無制限

MT5:2000倍

平均スプレッドUSDJPY 1.4pips 0.3pips

0.4pips

0.9pips
取引手数料 無料 往復7ドル

往復7ドル~(取引銘柄によって変わる)

無料
最低取引量 1,000通貨(0.01Lot)
取引ツール MT4/MT5
最低入金額 1000円~ 10万円~ 10万円~ 10万円~
取引通貨ペア 107種類 82種類

97種類

82種類
約定

非公開もユーザーからは特に不満の声なし

即時約定方式で約定拒否もあり
ロスカット水準

0%

ゼロカットシステム

採用(証拠金以上の損失なし)

日本語サポート

メール・ライブチャット

金融ライセンス

セーシェル金融庁(FSA)

顧客資産

顧客資産と同額を分別管理

創業

2008年

ボーナス
  • 常時ボーナスはなし
  • 国や地域限定の口座開設ボーナスや入金キャンペーンなど
入出金の方法
  • 国内銀行送金
  • クレジット(デビット)カード(VISA、Mastercard、JCB)
  • オンラインウォレット(bitwallet、STICPAY、PerfectMoney、WebMoney)
  • 仮想通貨(ビットコイン、テザー【USDT】)
出金方法
  •  入金額までは入金方法と同じ方法での出金になる
  • 利益分は好きな出金方法を選べる
  • 出金処理の優先順位がある(詳しくはこちら

Exnessの総評

Exnessの総評

Exnessに向いている人

  • 少ない資金で大きな儲けを狙いたい人

  • 少ない資金からスタートしたい人(スタンダード口座)
  • 取引コストに優れた環境を求める中級者~上級者のFXトレーダー(プロ口座3タイプ)
  • NDD方式の透明性のある取引環境で取引したい人
  • 多くの取引銘柄や仮想通貨CFDで取引したい人

Exnessに向いていない人

  • レバレッジ制限などがわずらわしい人
  • 取引ボーナスなどの還元要素が欲しい人

Exnessはこれぞ海外FXというような魅力が盛りだくさんの業者です。

「レバレッジ無制限」の印象が強く、ハイリスクハイリターンの変わり種のFX業者と思われるかもしれませんが、「業界最高水準の低スプレッド」「ロスカット水準0%」、「取引通貨ペア107種」「透明性の高いNDD方式」など一つ一つの要素のレベルが非常に高いのが特徴です。

少ない資金で始めたい方にはスタンダード口座」が人気です。取引環境を重視する中級者から上級者の方は3つのプロ口座の中から自分にあったものを選択しましょう。

世界展開している規模の大きなグループ会社なので安心して取引を始めることができるでしょう。

デメリットは、「レバレッジ制限がキツい」「ボーナスが全くない」という点。特に口座残高によるレバレッジ制限に関しては注意が必要です。

レバレッジ無制限に惹かれて始めたのに、結局他の海外FX業者を利用した方が、よりハイレバレッジで取引できたということもあるので、事前によく条件を確認しておきましょう。

取引コスト 「★★★★★」
ボーナス 「★★☆☆☆」
日本語サポート 「★★★★★」
入出金 「★★★☆☆」
取引銘柄数 「★★★★★」
信頼性 「★★★★☆」
総合評価 24/30

 

海外FXはハードルが高いと思っていませんか?

CTA-IMAGE 口座開設数70万口座達成!人気急上昇中の日本語完全対応海外FXブローカ-GemForex。

今なら入金不要で証拠金10,000円プレゼント!トレードで得た利益はもちろん出金可能。

まずは新規口座開設ボーナス分だけでトレードを始めることもできるため、リスクを極限まで抑えた海外FXデビューが可能です。
ページトップへ