海外FXはレバレッジが凄い!有名海外FX会社のレバレッジ内容を比較紹介!

海外FXはレバレッジが凄い!有名海外FX会社のレバレッジ内容を比較紹介!

海外FXはレバレッジが凄い!有名海外FX会社のレバレッジ内容を比較紹介!
国内FXだとレバレッジ規制がかかって使えるレバレッジの上限は25倍ですが、レバレッジの規制がない海外FXなら100倍~1000倍を超えるレバレッジが使える業者もあります。

海外FXでは業者が独自にレバレッジの上限を決めているので、より大きなレバレッジを使って取引するなら業者選びも重要です。

今回は海外FXにおけるレバレッジの特長と、有名海外FX会社のレバレッジ内容を詳しく紹介します。

大きなレバレッジの3つの効果

大きなレバレッジの3つの効果

海外FXは大きなレバレッジを使ったトレードが魅力ですが、大きなレバレッジを使うことでどんな効果が得られるのでしょうか。

大きなレバレッジには、少ない資金で大きな取引ができる効果必要証拠金を減らす効果、そしてロスカットしにくいという3つの効果があります。

まずは、大きなレバレッジを使ってトレードする3つの効果を覚えておきましょう。

効果1 少ない資金で大きな取引ができる

レバレッジは大きければ大きいほど、少ない資金で大きな資金を動かせます。

たとえば、資金1万円で1ドル100円の取引をする場合、レバレッジを使用しないと取引できる通貨量は(1万円÷100円=100通貨)です。

100通貨だと、1ドル100円が1ドル101円になっても100円の利益しか発生しません。

それではレバレッジを使って取引を増やすとどうでしょうか?

  • レバレッジを使わない場合:100通貨:1円の値動きで発生する利益は100円
  • 10倍レバレッジを使った場合:1000通貨:1円の値動きで発生する利益は1000円
  • 25倍レバレッジを使った場合:2万5000通貨:1円の値動きで発生する利益は2万5000円
  • 1000倍レバレッジを使った場合:100通貨:1円の値動きで発生する利益は100万円

このように、同じ1万円の資金からスタートしても、レバレッジが大きいほど取引量も大きくできるので、発生する利益も大きくなるのが分かりますね。

海外FXは大きなレバレッジが使えることで、少ない資金でも大きな利益を得ることができるのです。

効果2 取引に必要な証拠金が減らせる

1ドル100円の通貨があり、1万通貨を購入するためには何円が必要でしょうか?

正解は、「100円×1万通貨=100万円」です。取引するために必要な100万円をFXでは必要証拠金と呼んでいますが、レバレッジを使うと必要証拠金を減らせます。

以下に、1ドル100円の通貨を1万通貨購入した場合に、レバレッジを使ったら必要証拠金が何円になるかまとめています。

  • レバレッジを使わない場合:100万円÷1倍=必要証拠金:100万円
  • 10倍レバレッジを使った場合:100万円÷10倍=必要証拠金:10万円
  • 25倍レバレッジを使った場合:100万円÷25倍=必要証拠金:4万円
  • 1000倍レバレッジを使った場合:100万円÷1000倍=必要証拠金:1000円

このように、レバレッジが大きいほど取引に必要な資金は減るのが分かりますね。

使えるレバレッジが25倍の国内FXだと4万円の証拠金が必要ですが、使えるレバレッジが1000倍の海外FXだと1000円の証拠金で取引ができます。

海外FXのレバレッジのすごさが分かりますね。

効果3 ロスカットしにくい

レバレッジは大きければ大きいほど、ロスカットのリスクも小さくなります。

ロスカットは、海外FX業者が設定している必要証拠金維持率を下回ると発動する強制決済のシステムです。

証拠金維持率の計算方法は次の通りです。

証拠金維持率の計算方法

「有効証拠金(口座残高)÷必要証拠金×100%」

たとえば、有効証拠金が40万円あって、必要証拠金が20万円なら証拠金維持率は、

「有効証拠金40万円÷必要証拠金20万円×100%=証拠金維持率200%」になります。

ロスカット水準が証拠金維持率100%以下の業者なら、40万円の有効証拠金が20万円減った時点でロスカットが発動です。

さて、大きなレバレッジを使うことで必要証拠金は減らせると紹介しましたが、必要証拠金20万円に対して100倍レバレッジを使うと必要証拠金は何円になるでしょうか?

「必要証拠金20万円÷100倍レバレッジ=2000円」になりますね。

レバレッジを使って必要証拠金が減ったことによって、証拠金維持率も変化します。それでは、上記と同じ条件で必要証拠金が2000円になった場合の証拠金維持率を見てみましょう。

「有効証拠金40万円÷必要証拠金2000円×100%=証拠金維持率20000%」

証拠金維持率が大きくなったのが分かりますね。つまり、ロスカットしにくくなったわけです。

このように海外FXのハイレバレッジはロスカットのリスクも減らす効果が期待できます。

大きなレバレッジの注意点やリスク

大きなレバレッジの注意点やリスク

“海外FXの大きなレバレッジは危険”と言うイメージを持つ人も多いですが、取引に必要な証拠金を減らせる効果や、ロスカットのリスクを小さくできる効果を考えると、むしろ大きなレバレッジは取引のリスクを減らします。

注意点を挙げるとすれば、大きなレバレッジでむやみに取引量を増やさないことです。

取引量が増えると利益が大きくなる分、損失も大きくなってしまいます。レバレッジの効果を正しく知って取引しましょう。

主要海外FX業者のレバレッジ比較

レバレッジは大きければ大きいほど効果も高まります。海外FX業者によって使えるレバレッジは異なるので、レバレッジを比較して大きなレバレッジが使える業者を選びましょう。

以下の表は、主要海外FX業者のレバレッジを比較した表です。口座タイプによってレバレッジが異なる業者もあるので、あわせて確認しておきましょう。

※ロゴタッチ(クリック)で公式サイトへ

海外FX会社

STP口座等

ECN口座等

レバレッジの特長

GemForex

5000倍

1000倍

  • 5000倍レバレッジは口座数が限定
  • 口座残高200万円以上でレバレッジが500倍に制限される

XM

888倍

500倍

  • 口座残高200万円以上でレバレッジが200倍に制限される
  • 口座残高1000万円以上でレバレッジが100倍に制限される

bigboss

555倍

555倍

  • レバレッジの変更はメールサポートに申請する必要がある
  • 口座残高によるレバレッジ制限はない

tradeview

500倍

200倍

  • MT5口座で使えるレバレッジは100倍
  • 口座残高1000万円以上でレバレッジ規制がかかる
  • レバレッジの変更はメールサポートに申請する必要がある

traderstrust

500倍

200倍

  • 口座残高200万円以上でレバレッジが200倍に制限される
  • 口座残高500万円以上でレバレッジが100倍に制限される
  • 投資経験によってはレバレッジが50倍に制限される

IFCMarkets

400倍

200倍

  • 口座残高500万円以上でレバレッジが100倍に制限される
  • 口座残高1000万円以上でレバレッジが50倍に制限される

海外FX業者の平均的なレバレッジは500倍前後ですが、GEMFOREXのように5000倍レバレッジが使える業者もあります。また、STP口座等に比べてECN口座等の方が使えるレバレッジは低めに設定されているのが一般的です。

また大きなレバレッジが使える業者でも、口座残高によってレバレッジに規制がかかるのが一般的となっています。

「レバレッジで選んだのに、すぐに制限がかかってしまった・・・。」とならないように、レバレッジ規制がどれくらいでかかるのか確認しておきましょう。

口座タイプ問わずにレバレッジ1000倍のGEMFOREX

GEMFOREX

主要海外FX業者のレバレッジを比較すると、GEMFOREXのレバレッジが目を惹きます。口座によっては5000倍レバレッジが使えるので、大きなレバレッジを使って取引したい人にはおすすめです。

5000倍レバレッジ口座が規定数に達していても、口座タイプによらず1000倍レバレッジを使って取引ができます。

また、GEMFOREXも口座残高によるレバレッジ規制がありますが、規制がかかっても500倍レバレッジを使って取引できるのは魅力です。

また、GEMFOREXは、

  • 業界トップクラスの狭いスプレッド
  • スキャルピング歓迎
  • 99%を超える約定率

など、大きなレバレッジと相性がいい取引環境が整っています。レバレッジトレードなら口座開設で未入金も受け取れるGEMFOREXで口座開設をしましょう。

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

海外FX基礎知識カテゴリの最新記事