スキャルピング向けのおすすめ海外FX業者4選【2021年版】

スキャルピング向けのおすすめ海外FX業者4選【2021年版】

スキャルピング向けのおすすめ海外FX業者4選【2021年版】

スキャルピングとは数秒から数分といった短い時間で売買を繰り返し、小さな利益を積み重ねていくFXの手法です。

スキャルピングの主なメリットとしては

  • ポジションを長時間持たないため、日をまたいでの想定外の損失を受けることがない
  • トレードチャンスが多く、短時間で取引を楽しめる
  • 取引回数が多いため、経験が積める

といった点が挙げられます。

しかし、スキャルピングはサーバーへの負担が大きいため国内FX業者では禁止されているところも多く注意が必要です。

そこで注目されるのが海外FXです。海外FXではスキャルピングを許可している業者が比較的多く、ハイレバレッジを効かせることができるため、短時間で効率よく稼ぐことができます。

本記事では、スキャルピングをする上で必要な要素、スキャルピングに向いたおすすめの海外FX業者を紹介します。

スキャルピングで押さえておきたい6つのポイント

スキャルピング向けの業者を探す際に、押さえておきたいポイントがいくつかあります。もちろん全てを満たす必要はありませんが、多ければ多いほどいいでしょう。

  1. 取引コスト(スプレッド+取引手数料)が安い

  2. 約定力が高い

  3. NDD方式を採用している
  4. ストップレベルが0、または低い
  5. ハイレバレッジである
  6. スキャルピング向けの取引ツールを採用している

1. 取引コスト(スプレッド+取引手数料)が安い

スプレッドとは買値と売値の価格差の事で、FXにおける手数料です。

スキャルピングでよく利用されるECN取引の場合、スプレッドの他に取引手数料がかかります。つまり「スプレッド+取引手数料」が取引コストになります。

スキャルピングはとにかく取引回数が多いため、取引毎にかかってくる取引コストが馬鹿になりません。このため取引コスト(スプレッド+取引手数料)が安い業者を選ぶことが、最重要課題になってきます。

2. 約定力が高い

約定力が高いとは「注文が意図したタイミングできちんと成立すること」で、サーバーの処理能力にも関わってくる要素です。

スキャルピングは短時間での売買になるため、少しの誤差が大きく利益に影響してきます。そのため約定力の高いストレスのない環境が重要になります。

3. NDD方式を採用している

NDD方式はトレーダーとインターバンク市場が直接取引する取引形態です。FX業者が注文に介在することはなく、利益相反が起こらないのが特徴です。

余計な介在がないNDD方式は透明性が高い取引環境で、スキャルピングとの相性がいいと言えます。

4. ストップレベルが0または低い

ストップレベルとは、指値・逆指値注文などの待機注文を出す際に、現在価格から一定以上の幅を持たせたなければいけない値幅の事です。

成行注文やスイングトレードをする人にとっては影響ありませんが、細かい値動きで利益を狙っていくスキャルピングでは、このストップレベルの影響は大きくなります。

5. ハイレバレッジである

スキャルピングは小さな利益をコツコツと積み上げていく取引手法です。そのため効率よく利益を上げるためにはハイレバレッジであることが重要になってきます。

国内FXより海外FXのほうがスキャルピングに向いている理由はこのハイレバレッジにあります。「ハイレバ×スキャル」の条件を求めて海外FXを始める人も少なくありません。

また海外FXではゼロカットシステムを採用しているため自己資金以上の損失は出ません。そのため動きの激しい時間帯を積極的に狙っていけるのも強みです。

6. スキャルピング向けの取引ツールを採用している

海外の取引ツールは「MT4」や「MT5」が主流ですが、中には「cTrader」を採用している業者も存在します。

「cTrader」とはスキャルピングやデイトレードを主軸としたECN取引に特化した取引ツールです。

また板情報や同時決済機能など、便利な機能が搭載されているのも特徴です。

MT4やMT5の操作に慣れている人にとっては「cTrader」は必須ではありませんが、採用されている業者はそれだけスキャルピングに積極的であるという点でも評価できます。

「cTrader」やECN取引について、より詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

スキャルピング向けのおすすめ海外FX業者4選【2021年版】

今回は、スキャルピングOKの海外FX業者の中から、特に条件にあった4社を紹介します。

1. AXIORY(アキシオリー)「ナノスプレッド口座」

AXIORYがスキャルピングに向いている理由

  • 「ナノスプレッド口座」は業界最高水準の低スプレッド
  • 約定率99.99%
  • 完全NDD方式で透明性のある取引環境
  • ストップレベル0
  • 最大レバレッジ400倍
  • 取引ツールはスキャルピングに向いたcTraderを採用
  • ロスカット水準は証拠金維持率20%

AXIORY(アキシオリー)の「ナノスプレッド口座」は、スキャルピングで真っ先に候補に挙がる海外FX業者の一つです。

「完全NDD方式」、「業界最高水準の低スプレッド」、「ストップレベル0」、「cTraderを採用」とスキャルピングに必要な要素はほぼ完璧に揃っています。

特筆すべきは「約定力」。AXIORYは約定率99.99%を謳っており、データも公式サイトで開示しているのでいつでも確認する事ができます。

唯一最大レバレッジだけは400倍と海外FX業者では平均的なものになっていますが、こちらも国内の最大25倍と比べると十分に大きいです。

 

ナノスプレッド口座

平均スプレッドUSDJPY 0.2pips
取引手数料 往復0.6pips
約定力 約定率99.99%(公式でデータ公表)
取引形態 NDD(ECN)
ストップレベル 0
取引ツール MT4/ cTrader
最大レバレッジ 400倍

 

 

2. TITANFX(タイタンFX)「Zeroブレード口座」

TITANFXがスキャルピングに向いている理由

  • Zeroブレード口座」は業界最高水準の低スプレッド
  • 約定力は業界トップクラス
  • 完全NDD方式で透明性のある取引環境
  • ストップレベル0
  • 最大レバレッジ500倍、口座残高によるレバレッジ制限なし
  • ロスカット水準は証拠金維持率20%

 スキャルピングでAXIORY(アキシオリー)と双璧をなすのがTITANFX(タイタンFX)の「Zeroブレード口座」です。

「完全NDD方式」、「業界最高水準の低スプレッド」、「約定力」とスキャルピングに向いている要素はしっかり押さえています。

約定力は公式でのデータ公開こそしていませんが、海外FX業者の約定スピードを比較するサイトでは大体上位に名前が出てくるほどです。

最大レバレッジ500倍は海外FX業者の中では平凡なものになりますが、口座残高によるレバレッジ制限がなくこの点でも評価できる一社です。

 

Zeroブレード口座

平均スプレッドUSDJPY 0.3pips
取引手数料 往復0.7pips
約定力 非公開も業界トップレベルの約定力と評判
取引形態 NDD(ECN)
ストップレベル 0
取引ツール MT4/MT5
最大レバレッジ 500倍

 

 

3. Tradeview(トレードビュー)「ILC口座」

Tradeviewがスキャルピングに向いている理由

  • 「ILC口座」は業界最高水準の低スプレッド
  • 約定力は業界トップクラス
  • 完全NDD方式で透明性のある取引環境
  • ストップレベル0
  • 最大レバレッジ400倍
  • 取引ツールはスキャルピングに向いたcTraderを採用

Tradeview(トレードビュー)は「完全NDD方式」、「業界最高水準の低スプレッド」、「cTraderを採用」、「高い約定力」とスキャルピングに向いた業者です。

一つ一つのスペックが高いのでTradeviewを利用するスキャルピングトレーダーも非常に多いです。

ただし、いくつか注意すべき点もあります。

それはロスカット水準が100%で国内と変わらないという点、海外FXなのでゼロカットシステムは採用されていますが、資金管理はやや難しく中・上級者向けの業者になります。

また最大レバレッジ400倍ですが、口座残高によるレバレッジ制限がある点には確認しておきたいところ。

 

ILC口座 cTrader

平均スプレッドUSDJPY

0.2pips

取引手数料 往復0.5pips
約定力 非公開も業界トップレベルの約定力と評判
取引形態 NDD(ECN)
ストップレベル 0
取引ツール

cTrader

最大レバレッジ 400倍

 

 

4. Bigboss(ビッグボス)「プロスプレッド口座」

Bigbossがスキャルピングに向いている理由

  • 「プロスプレッド口座」は取引ボーナスが付くため取引コストは約-0.4pips
  • NDD方式で透明性のある取引環境
  • ストップレベル0
  • 約定力が高い
  • 最大レバレッジ999倍で効率的な取引が可能
  • ロスカット水準は証拠金維持率20%

Bigbossの「プロスプレッド口座」も「高い約定力」や「ストップレベル0」などスキャルピングに向いた要素の多い業者です。

特筆すべきは、業界トップクラスの最大レバレッジ999倍。少額で効率よく利益を上げたい人にとっては大きなメリットです。

反面、取引手数料が「往復0.9pips」と少しお高めで、一見スキャルピングには不向きに思えます。しかし、Bigbossは豊富なボーナスで有名な業者です。

中でも取引ボーナスは、1lot(10万通貨)の取引あたり4ドルの取引ボーナスが付与されます。これは約0.4pips相当なので、見た目の取引コストから-0.4pipsと考えることができます。

これを踏まえると、取引コストも非常に優れたスキャルピングに向いた業者と言えるでしょう。

 

プロスプレッド口座

平均スプレッドUSDJPY

0.3pips

取引手数料 往復0.9pips
約定力 非公開も業界トップレベルの約定力と評判
取引形態 NDD(ECN)
ストップレベル 0
取引ツール

MT4

最大レバレッジ 999倍

 

おすすめ海外FX4社比較表

 
 


ナノスプレッド口座


Zeroブレード口座

ILC口座

プロスプレッド口座
平均スプレッドUSDJPY 0.2pips 0.3pips 0.2pips 0.3pips
取引手数料 往復0.6pips 往復0.7pips 往復0.5pips 往復0.9pips
約定力 高い 高い 高い 高い
取引形態 NDD(ECN) NDD(ECN) NDD(ECN) NDD(ECN)
ストップレベル 0 0 0 0
取引ツール MT4/ cTrader MT4/MT5 cTrader MT4
最大レバレッジ 400倍 500倍 400倍 999倍

スキャルピング適正を重視しない場合は?

スキャルピングに拘らない場合

今回はスキャルピングに焦点を当てたおすすめ海外FX業者4社を紹介しましたが、トレードスタイルが変われば当然重要視するポイントも変わってきます。

総合力に優れた海外FX業者をお探しの場合は、以下の記事を参考にして下さい。「スプレッド」、「レバレッジ」、「ボーナス」など様々な要素からメリット・デメリット併せて紹介しています。

海外FXはハードルが高いと思っていませんか?

CTA-IMAGE 口座開設数47万口座!人気急上昇中の日本語完全対応海外FXブローカ-GemForex。

GemForexは入金不要で証拠金10,000円 or 20,000円プレゼント、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナスキャンペーンを実施中。

まずは新規口座開設ボーナス分だけでトレードが可能!GemForexはリスクを極限まで抑えた海外FXデビューが可能です。
ページトップへ
今ならGEMFOREX口座開設で20,000円ボーナス
詳細はこちら
今ならGEMFOREX口座開設で20,000円ボーナス
詳細はこちら