固定/変動?DD/NDD方式?海外FXと国内FXのスプレッド事情を徹底解説!

固定/変動?DD/NDD方式?海外FXと国内FXのスプレッド事情を徹底解説!

固定/変動?DD/NDD方式?海外FXと国内FXのスプレッド事情を徹底解説!

FX業者の比較要素としてよく挙げられる要素の一つとしてスプレッドがあります。

固定スプレッドや変動スプレッド、はたまたNDD方式にDD方式といった言葉が出てきていまいちよくわからないということはありませんか?

本記事では、そういったスプレッドに関係する疑問から、海外FXと国内FXのスプレッド事情を徹底解説。そしてスプレッドから見るおすすめFX業者まで紹介いたします。

スプレッドとは?

スプレッドとは?

スプレッドとは買値(Bid)と売値(Ask)の価格差の事です。この価格差はトレーダーの実質的な手数料で、これはFX業者の収入となります。

よく「スプレッド最狭!0.2銭!」などといったFX業者の広告を見ると思います。

〇〇銭といった感じなので、最初は大したことないと思われがちですが、これは1通貨のもので、1万通貨の取引なら20円となります。

取引回数が100回になれば2,000円です。スプレッドが1.8銭での取引なら取引回数100回で18,000円になります。

取引回数の多い短期売買のスキャルピングや、FXを長く続ける人にとってはスプレッドは無視できないものとなっていきます。

そのためトレーダーはFX業者を選ぶ時にスプレッドに注目し、FX業者は低スプレッドを謳った宣伝をするわけです。

国内で主流の固定スプレッド、海外で主流の変動スプレッド

固定スプレッド

固定スプレッドはその名の通りスプレッドが固定されています。

決められたスプレッドで取引をすることが可能で、現在国内FX業者の主流となっています。

気をつけたい点として、これは「原則固定」であり、経済指標発表前後や要人発言などで為替相場変動が激しい時には変動することがあります。

常時変動しない完全固定スプレッドというものを採用している業者もありましたが、現在採用している業者はありません。

変動スプレッド

変動スプレッドは相場の状況次第でスプレッドが変動します。

大きく相場が動くときなどはスプレッドも大きくなったりします。海外FX業者はこの変動スプレッドが主流となっています。

狭いスプレッドで取引ができる事もあればその逆もあります。

また変動するため比較する場合には「最小スプレッド」「平均スプレッド」といった感じで記されていることが多いです。

海外FX業者は国内と比べてスプレッドが高い?

国内・海外主要通貨ペアのスプレッド比較

 

XM

AXIORY

GMOクリック証券

口座タイプ

スタンダード口座
(平均スプレッド)

スタンダード口座
(平均スプレッド)

FXネオ
(原則固定スプレッド)

手数料

なし

なし

なし

口座の方式

NDD方式(STP)

NDD方式(STP)

DD方式

USD/JPY

1.8

1.5

0.2

EUR/USD

1.9

1.3

0.4

GBP/USD

2.6

1.3

1.0

EUR/JPY

2.7

1.9

0.5

上の比較表では国内FX 業者の中でも最安水準のスプレッドを提供しているGMOクリック証券(FXネオ)、海外FX業者からは世界で圧倒的な口座開設数を誇るXM(オールインワン口座)、海外最高水準の低スプレッドを実現しているAxiory(スタンダード口座)を例に比較しています。

見ての通り、スプレッドでは国内FX業者が抜きんでています。

海外FXは変動スプレッドで平均値ですので、これよりも狭いスプレッドの時もありますが、やはり国内の最高水準の業者と比べると見劣りします。

でもなぜなのでしょうか?

この理由として「NDD方式」と「DD方式」の差が挙げられます。

DD方式・NDD方式とは?

DD方式・NDD方式

DD方式とは

国内FX主流のDD方式というのは、ディーリングデスク(Dealing Desk)方式の略で、トレーダーとインターバンク市場との間にディーラーが介在する方式です。

トレーダーとFX業者の相対取引であり、「トレーダーの利益=FX業者の損失」となる、「利益相反」の仕組みです。

なのでFX業者が意図的な「スリッページ」や「リクオート」を起こすこともあります。これはトレーダーが有利なタイミングで決済するのを避けるためです。

NDD方式とは

海外FX主流のNDD方式というのは、ノーディーリングデスク(None Dealing Desk)方式の略で、トレーダーとインターバンク市場が直接取引する方式です。

NDD方式はFX業者が注文に介在することはなく、利益相反が起こりません。

FX業者としてもトレーダーに利益を上げてほしいと思っているので、FX業者とトレーダーが同じ方向を見ていると言っていいでしょう。

余計な介在がないNDD方式は安全で透明性が高い取引環境です。

DD方式はトレーダーの負け分利益をあげている代わりに、スプレッド(手数料)が極端に小さくできるというメリットがあります。

NDD方式はDD方式と比べるとやはりスプレッドの面では勝てません。なぜなら収益がスプレッド頼りのになるので、どうしても小さくすることが難しいのです。

また国内FX業者はスプレッドを重視する人が多いため、低スプレッド競争が過熱したという側面もあります。

NDD方式とDD方式どちらが優れているとは言い切れない

NDD方式とDD方式のメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

DD方式のメリット・デメリット

メリット

  • スプレッドが狭い

デメリット

  • 意図的な「スリッページ」や「リクオート」を起こすことがある
  • スキャルピングやEA(自動売買)による取引が禁止されているところも

NDD方式のメリット・デメリット

メリット

  • トレーダーとの利益相反起こらず取引環境が透明

デメリット

  • スプレッドがDD方式と比べ広い

DD方式が意図的な「スリッページ」や「リクオート」を起こすことがあると述べましたが、それが露骨であればFX業者の評判にも繋がります。またそれらを低スプレッドや他サービスに還元できているとも言えますので、企業努力の結果と言えます。

NDD方式もスプレッドを広く取りますが、トレーダーに透明性のある環境を提供できます。

DD方式、NDD方式、どちらにもメリット・デメリットがあり、簡単にどちらが優れていると決められるものではないことがわかると思います。

どちらの方式にせよ、FX業者としてはどこかで儲けを出さなければいけません。

トレーダー自身がどこを重視するかによって優れているFX業者は変わってくるといえます。FX業者が重視している部分と、こちらのニーズが一致している業者を見つけることが、最適な海外FX業者選びの近道です。

厳選4社海外FX業者の低スプレッド口座比較

ここまで見てきて低スプレッドを重視する人にとって、海外FXは魅力的でないものに映るかもしれませんが、そんなことはありません。

海外FXでも低スプレッドを重視している口座タイプが存在します。これらはスタンダードな口座とは別に用意されているパターンが多いです。

厳選4社海外FX業者の低スプレッド口座比較

FX業者

GemForex

AXIORY

TITANFX

口座タイプ

ゼロ

ノースプレッド

ナノスプレッド

ブレード

手数料
(1lot注文往復毎)

7ドル~(0.7pips~)

なし

6ドル(0.6pips)

7ドル(0.7pips)

USD/JPY

0.7~(0.0)

0.3

0.8(0.2)

1.0(0.3)

EUR/USD

0.7~(0.0)

0.3

0.8(0.2)

0.9(0.2)

GBP/USD

0.8~(0.1)

1.3

1.1(0.5)

1.2(0.6)

EUR/JPY

0.7~(0.1)

0.5

1.0(0.5)

1.4(0.7)

自動売買

×

スキャルピング

初回必要入金額

100,000円

300,000円

5,000円

20,000円

※比較4社は全て平均スプレッドとなります。

※手数料を含めた実質スプレッドで表示しています。()内はスプレッドのみの表示。

1. Exness(エクスネス)

Exness(エクスネス)

Exness(エクスネス)は業界最高レベルの低スプレッドで人気のあるFX業者です。

特に「ゼロ口座」は、取引時間内で通貨ペア30種類において95%がゼロスプレッドという驚異的な条件です。

取引手数料は1lot注文毎に往復で7ドル以上~かかりますが、それを含めても非常にハイスペックな取引環境を実現していると言えます。

Exnessのには他にもいくつか口座タイプがあります。

  スタンダード ロースプレッド ゼロ プロ
平均スプレッドUSDJPY 1.1pips 0.0pips 0.0pips 0.7pips
取引手数料
(1lot注文往復毎)
無料 0.7(0.0) 0.7~(0.0) 無料
初回必要入金額 100円 10万円 10万円 10万円

初回必要入金額が100円の「スタンダード口座」、取引手数料が往復0.7ドル固定の「ロースプレッド」口座、取引手数料がかからない「プロ口座」といった口座が用意されており、いずれも低スプレッドを実現してるため、どの口座タイプでも安心して利用できます。

まずはハードルの低い「スタンダード口座」でExnessの使用感を試してみるのもいいでしょう。

\ 超低スプレッド環境を提供/

2. GemForex(ゲムフォレックス)

GemForex

GemForex(ゲムフォレックス)の「ノースプレッド口座」は、低スプレッド口座の中でも手数料がかからないのが大きな特徴です。

手数料を考慮する必要がないので、海外FX業者の実質スプレッドの中では破格で、国内最高水準に匹敵する取引コストを実現しています。

スキャルピングは一部制限 (短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続した取引の場合事前連絡が必要) 、自動売買は禁止、初回必要入金額は300,000円と少々制約が多いため上級者向けの口座になります。

GemForexのノースプレッド口座は低スプレッドを徹底的に突き詰めた形と言えるでしょう。

上記制約に引っ掛からない程度のスキャルピング、裁量トレードが目的の場合は、とことん取引コストを突き詰めたGemForex(ノースプレッド口座)がおすすめです。

低スプレッド口座で手数料無料というのは、制約をクリアできる人にとっては最強と言えます。

\ 低スプレッド突き詰めた最強FX業者/

 

3. AXIORY(アキシオリー)

AXIORY

高速スキャルピング(超短期トレード)をしたい人には、Axiory(アキシオリー)の「ナノスプレッド口座」がおすすめです。

手数料がかかるため実質スプレッドではGemForex(ノースプレッド口座)に劣りますが、自動売買の制限がなく、口座開設のハードルは比較的低くバランスがいいと言えます。初回入金額が5,000円~と他より抑えられている点も評価できます。

大口のスキャルピングを行うなら一択という声もあるほどです。

\ スキャルピングに最適な環境を提供/

まとめ スプレッドは重要だがFX業者選びは総合的な要素で判断したい

いかがでしたでしょうか?ここまでスプレッドのあれこれを解説してきました。

スプレッドは確かに重要で、取引回数の多いスキャルピングでのトレードを考える場合、最重要視するべき要素といっても過言ではありません。

その点では国内FXの低スプレッドは目を見張るものがあります。

しかし海外FX会社では追証なしのゼロカットシステムやハイレバレッジなど他にも魅力的な要素が沢山あります。

スプレッドのみならず、ボーナスやハイレバレッジ、約定スピードなど総合的な要素で判断することが大切です。

例えばGemForexでは、低スプレッドを突き詰めるならということで「ノースプレッド口座」をおすすめしましたが、GemForexを利用するなら、ボーナスが受け取れ、制約のない「オールインワン口座」も非常に人気の高い口座になります。

逆にAxiory、TitanFXなど、どちらの口座タイプを選んでも元々ボーナスがない会社の場合は、スタンダードな口座より低スプレッド口座を選んだほうがお得です。

また総合的な要素で海外FX業者を厳選した記事はこちらでも紹介しています。

是非参考にしてください。

海外FXはハードルが高いと思っていませんか?

CTA-IMAGE 口座開設数47万口座!人気急上昇中の日本語完全対応海外FXブローカ-GemForex。

GemForexは入金不要で証拠金10,000円 or 20,000円プレゼント、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナスキャンペーンを実施中。

まずは新規口座開設ボーナス分だけでトレードが可能!GemForexはリスクを極限まで抑えた海外FXデビューが可能です。
ページトップへ
今ならGEMFOREX口座開設で20,000円ボーナス
詳細はこちら
今ならGEMFOREX口座開設で20,000円ボーナス
詳細はこちら