海外FXは本当に危険なのか?出金拒否の噂の真相は?

海外FXは本当に危険なのか?出金拒否の噂の真相は?

海外FXは本当に危険なのか?出金拒否の噂の真相は?

海外FXに興味を持って、情報を収集しようとネットで調べると、目に飛び込んでくる「危険」、「詐欺」などの文字…魅力的な部分も数多く紹介されていますが、どうしてもネガティブな言葉が脳裏にちらつき、一歩が踏み出せないという人は多いと思います。

中にはそれらのイメージが先行してしまって、初めから海外FXという選択肢がない人もいます。

海外FXについての噂は数多くありますが、今回はその中から「海外FXは出金拒否がよくある」という噂についての真偽、また海外FXは本当に危険なのかについて解説します。

海外FXは出金拒否がよくあるのは本当なのか?

海外FXでよくある噂として目立つのは「出金拒否が多い」というものです。

利益が出て、いざ出金しようと思っても出金拒否されるとなれば悪評が立つのも当然です。

では実際はどうなのでしょうか。

 

真相

結論から言えば「ある」です

なんだあるのかよ~…となるのは少し早計です。出金拒否の原因はいくつかあります。

出金拒否の主な原因

  1. 基本的な出金条件を満たしていない
  2. 利用規約に違反している
  3. ボーナスの出金
  4. 違法FX業者による意図的な出金拒否

1.基本的な出金条件を満たしていない

いわゆる基本的な出金条件の見落としです。

これが出金拒否の大半を占めている原因です。

ミスの内容は多岐に渡りますが、例えば入金方法と出金方法は同じでなければならないという条件は、よくある見落としです。

指定した受取先の銀行がそのFX会社では利用できない銀行という場合もあります。

口座開設時の住所と相違がある場合などもマネーロンダリング防止のために出金拒否となります。どこの海外FX業者もそうですが、お金を扱う以上悪用されないために、出金方法には厳格なルールを設けています。

トレーダーも出金条件を把握しておく必要はありますが、難しく考える必要はありません。

もし出金拒否が起きて原因がわからない時も、問い合わせれば原因と解決方法をしっかりと答えてくれます。

逆に言えば、もしもの時のために原因をすぐに確認できる日本語サポートが充実しているFX業者を選ぶ必要があります。

2. 利用規約に違反している

出金拒否は利用規約に違反している場合も起こりえます。

両建て取引、レートエラーを利用した取引、アービトラージ、ボーナスを悪用した取引などなど…

あるFX業者ではOKだった取引方法も利用しているFX業者では禁止されている可能性は大いにあります。

この場合でも該当する禁止取引での利益のみの無効となる場合が多く、口座全ての資金が出金できないということはありません。

事前にFX業者の利用規約をよく確認しておくことが大事です。

また利用規約違反者が出金拒否の腹いせにネガティブな情報を流すことは、残念ながらよく見受けられます。情報発信者が冷静な発言をしているかどうかよく見極める必要があります。

3. ボーナスの出金

口座開設ボーナスや入金100%ボーナスなどのボーナスのみの出金はできません。

一部とはいえ自分の口座のお金が出金できないという点に、ネガティブな印象を受けやすいのかもしれません。

ただ入金不要の口座開設のみのボーナスだけ出金されては、海外FX業者は成り立ちません。

もちろんボーナス利用で取引して得た利益は出金できます。

海外FXはボーナスキャンペーンが充実しているため、その都度ボーナス付与などがあったりで、純資産とボーナス分を混同しがちです。そのため出金拒否というパターンが目立ってしまい噂に繋がるようです。

4. 違法FX業者による意図的な出金拒否

残念ながら少数とはいえ、このような業者は存在します。そしてこれら極一部の業者の存在が海外FXの印象をネガティブなものにしているといえます。

ただこれらのFX業者を見分ける方法はあります。

それは金融ライセンスの有無と運営歴です。

これらの違法FX業者は規制から逃れるために最初から金融ライセンスを取得していないケースが多いです。

金融ライセンスの無取得=詐欺会社とは言えませんがもちろんリスクはあります。そのため海外FX業者を選ぶ上で金融ライセンスは確認しておきたい要素の一つとなります。

運営歴も絶対ではありませんが、一つの目安になります。長く運営を続けているFX業者が意図的な出金拒否をして自社のブランドを貶めるというのは、自分の首を絞めているもので考えにくいです。

海外FXで誤解されがちな事

海外FXで誤解されがちな事

海外FXがどうしても危険視されやすい原因として、海外FXは「日本で無登録なので危ない!怪しい…」というのがあります。

ただこれは誤解です。

日本にはレバレッジ規制が設けられており25倍以上のレバレッジをかけることができません。

なので海外FXが今のサービスを維持したまま提供しようとすると、日本の金融庁に登録するのは最初から不可能です。

レバレッジ規制に引っ掛かるからです。

海外FX業者は日本の登録業者でなくても、他国の金融ライセンスをきちんと持っている業者がほとんどです。

他国の金融ライセンスを持っていて尚、25倍以下にレバレッジを下げてまで、日本の登録業者になる必要性は感じていないという事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外FX業者の出金は方法や条件をよく理解していれば、問題なくスムーズに行えます。

一部存在する悪質なFX業者については海外、日本で大きな差はありません。金融ライセンスの有無、メールやサポートセンターのレスポンスの早い日本語に対応した業者を選ぶといいでしょう。

とかく海外FXは誤解されやすいものです。色々と調べて慎重になるのは悪い事ではありませんが、それで身動きが取れなくなってしまっては勿体ないです。溢れる情報にあまり振り回されないようにしましょう。

また以下の記事で厳選した5つの海外FX業者を紹介しています。どれも日本語サポートもばっちりで、これから海外FXを始める方におすすめです。是非参考にしてください。

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

海外FX基礎知識カテゴリの最新記事