結局MT4とMT5はどっちがいいのか?徹底比較【2021年版】

結局MT4とMT5はどっちがいいのか?徹底比較【2021年版】

結局MT4とMT5はどっちがいいのか?徹底比較【2021年版】

MetaTrader(メタトレーダー)にはMT4とMT5があります。

MT4は現在でも多くの人が愛用しており対応FX会社も非常に多いです。そしてMT5は2011年にMT4の高機能な最新版としてリリースされたものです。

となれば、どっちを使えばいいの?という疑問が当然出てきます。

本記事では、MT4とMT5の違いについて比較、解説しています。

MT4とMT5の基本画面

MT4の基本画面

MT4の基本画面

MT5の基本画面

MT4、MT5の基本画面はアイコンメニューなど細かな違いこそあれ、概ね同じです。

またほとんどの機能は共通ですので、どちらかの操作に慣れていれば、MT4/MT5共に同じような感覚で扱えます。

MT4とMT5の比較表

次は違いを詳しく見ていきましょう。

MT4とMT5の違いを比較表にしています。MT4が優れているところもあればMT5が優れているところもあります。

 

  MT4  MT5
リリース  2005年 2011年
時間足  9種類  21種類
動作速度 MT5と比べるとややモッサリ サクサク
メモリ消費量 少ない 多い
オブジェクト機能 普通 多い
カスタム
インジケーター・EA
非常に多い

まだ少ない
(徐々に増えてきている)

対応FX会社数 非常に多い 主要なFX会社のみ対応
(徐々に増えてきている)

時間足 MT5 〇

時間足の違い

MT5では時間足の種類がMT4の9種類に加え21種類と大幅に増えています。

MT4(1分・5分・15分・30分・1時間・4時間・日・週・月)

MT5(1分・2分・3分・4分・5分・6分、10分・12分・15分・20分・30分・1時間・2時間・3時間・4時間・6時間・8時間・12時間・日・週・月)

これにより更に細かな分析が可能となっています。

9種類でも十分との声もありますが、トレード方法の多様化に応えた嬉しい要素であるといえるでしょう。

動作速度 MT5 〇

動作速度を比較すると、MT5のほうがサクサクと軽快に動きます。

動作速度の速さは、最新版であるMT5の最大の強みともいえるでしょう。

比べてMT4はややモッサリといった印象です。ただこれはあくまでMT5との比較での表現になります。MT4単体で見た場合、動作速度にストレスを感じることは少ないです。

メモリ消費量 MT4 〇

メモリ消費量はMT4の方が少ないです。

MT5は軽快な動作の代わりにメモリを多く使用します。この点に関しては、MT5は2011年に開発されたプラットフォームですので、最近のPCを使用しているならメモリ不足が原因で動作が遅くなることはそこまで心配しなくても大丈夫です。

ただ自動売買取引などで、一つのPCで複数稼働させたりする場合には注意が必要です。

オブジェクト機能 MT5 〇

オブジェクト機能

オブジェクトツールの種類はMT5の方が多いです。

チャート分析に使えるものでは「エリオット波動」が追加されています。

またチャート上に貼り付けるラベル・矢印・アイコンなどの種類もかなり追加されています。これらは必須ではありませんがわかりやすい目印として使えます。

カスタムインジケーター・EA MT4 〇

カスタムインジケーターやEAの種類はMT4が圧倒的です。

MT4が爆発的に普及していた分、開発されているカスタムインジケーターやEAも多い、というわけです。

MT4からMT5への移行が上手く進まなかった大きな原因が「MT4のカスタムインジケーターやEAがMT5で使えない」という事です。

MT4でカスタムインジケーター等を活用して、自分のトレード環境を確立していたトレーダーからすると「ならMT4を使い続けるよ…」となるのも無理はありません。

とはいえ近年はMT5も種類は徐々に増えてきてはいるので、悲観することはありません。

対応FX会社数 MT4 〇

対応FX会社はMT4のほうが多いです。海外FX会社なら、「ほぼ全て」が対応していると考えていいでしょう。

移行推進の動きもあって、主要な海外FX会社をはじめ、MT5に対応しているところも増加傾向にあります。近年はMT5のみ対応というところも見かけるようになってきました。

MT5に追加された新機能

MT5にはMT4にはない新機能がいくつか存在します。

プライスボード

プライスボード

気配値ウィンドウに表示可能な「プライスボード」は各通貨ペアのワンクリックパネルが表示される機能です。これを使ってワンクリックで取引をすることができます。

ミニチャート(チャートオブジェクト)

ミニチャート(チャートオブジェクト)

MT5にはグラフィック系のオブジェクトを表示する機能があります。

その中の一つにミニチャート(チャートオブジェクト)があります。ミニチャートは異なる通貨ペアや時間足の小さなチャートをメインチャートに重ねて表示できるオブジェクト機能です。

ストップリミット注文

ストップリミット注文

MT5では新たに「Buy Stop Limit(買いのストップリミット注文)」と「Sell Stop Limit(売りのストップリミット注文)」の2つの注文方法が追加されています。

ストップ注文ではリミット価格に到達した場合に「成行注文」を出しますが、ストップリミット注文ではリミット価格に到達した場合に「指値注文」を出します。

Buy Stop Limitは高値突破後の押し目買いを狙いたい時、Sell Stop Limitは安値を割った後の戻り売りを狙いたい場面など使用します。

圧倒的シェア率を誇るMT4!自動売買ならMT4がおすすめ

高いシェアを誇り情報が多いMT4が堅実さでは上

MT4では2021年現在でも未だに高いシェアを誇っています。自分の使いたい海外FX会社がMT4に対応していないといった心配もほぼありません。

高いシェアに比例して情報も多いので、ネットなどで情報を収集する時にも、苦労することは少ないでしょう。

特にEAなどの種類の豊富さから「自動売買」を中心に取引する人はMT4がおすすめです。

またMT4でしか使えない優秀なカスタムインジケーターなども存在するので、それらを活用したい場合もMT4という事になります。

軽快に動作するMT5は裁量トレーダーにおすすめ!

軽快に動作するMT5は裁量トレーダーにおすすめ!

EAなどを利用する人にはMT4を勧めましたが、逆に言えば「裁量トレーダー」には動作が速いMT5がおすすめです。

MT5は最新版だけあって基本性能が高く、MT4にはないプライスボードタブや板情報など便利に使える新機能も追加されています。更に今後のアップデートにも期待ができます。

以前は勧めにくかったMT5ですが、徐々に使いやすくなってきている印象です。新しく始める人は将来性の高いMT5から始めるのもいいと思います。

注意点としては、利用したいFX会社がMT5に対応していない場合があるという事です。

MT4/MT5に乗り換えの際の注意点

既にMT4/MT5どちらかの取引ツールを利用していて、乗り換えを検討している場合には覚えておきたいことがあります。

それは「MT4とMT5はプログラム言語が違うため、カスタムインジケーターやEAの互換性がない」という点です。

スマホの機種変更のように簡単にデータを移行できるわけではないので、乗り換え作業は面倒になります。

まとめ

MT4

  • 圧倒的シェア率を誇っており、情報収集もしやすいMT4
  • 豊富な種類のEAを使って「自動売買」トレードをしたい
  • 豊富な種類のカスタムインジケーターを駆使して取引をしたい

MT5

  • 基本性能が高く今後もアップデート予定があるMT5
  • 動作速度の速さを活かした「裁量トレード」をしたい
  • プライスボードやミニチャートといった新機能も積極的に利用したい

MT4とMT5を比較すると、どっちもメリット、デメリットがあります。

時間足やフォルダの整理、動作速度などMT5は高機能でありますが、カスタムインジケーターや対応FX会社の数などは、徐々に増えてきたとはいえ、まだまだMT4に分があります。

裁量か自動売買かなどの自分のトレードスタイル、動作速度、カスタムインジケーター等々、重視する内容も人によって変わってきます。

どちらも無料で提供されているので、自分に合ったプラットフォームを探るために、とりあえずどちらもダウンロードしてデモ口座で実際に使用感を比べてみるのもいいかもしれませんね。

海外FXはハードルが高いと思っていませんか?

CTA-IMAGE 口座開設数47万口座!人気急上昇中の日本語完全対応海外FXブローカ-GemForex。

GemForexは入金不要で証拠金10,000円 or 20,000円プレゼント、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナスキャンペーンを実施中。

まずは新規口座開設ボーナス分だけでトレードが可能!GemForexはリスクを極限まで抑えた海外FXデビューが可能です。
ページトップへ
今ならGEMFOREX口座開設で20,000円ボーナス
詳細はこちら
今ならGEMFOREX口座開設で20,000円ボーナス
詳細はこちら