結局MT4とMT5はどっちがいいの?違いを徹底比較

結局MT4とMT5はどっちがいいの?違いを徹底比較

結局MT4とMT5はどっちがいいの?違いを徹底比較

MetaTrader(メタトレーダー)にはMT4とMT5があります。

MT5は2011年に高機能な最新版としてリリースされたものです。前身であるMT4は現在でも多くの人が愛用しており対応FX会社も非常に多いです。

となれば、どっちを使えばいいの?という疑問が当然出てきます。

ここではMT4とMT5の違いについて比較、解説いたします。是非参考にしてください。

MT4とMT5の比較

MT4とMT5の比較

MT4とMT5の簡易比較表

 

  MT4  MT5
リリース 2005年 2011年
時間足  9種類(1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足・週足・月足)  21種類(1分足・2分足・3分足・4分足・5分足・6分足、10分足・12分足・15分足・20分足・30分足・1時間足・2時間足・3時間足・4時間足・6時間足・8時間足・12時間足・日足・週足・月足)
動作速度 モッサリ サクサク
カスタム
インジケーター
多い

まだ少ない
(徐々に増えてきている)

EA 多い まだ少ない
(徐々に増えてきている)
インジケーターの整理 既存フォルダに保存 任意でフォルダ作成ができる
対応FX会社 非常に多い 主要なFX会社のみ対応
(徐々に増えてきている)

動作速度

動作速度を比較するとMT4はややモッサリといった印象です。MT5のほうがサクサクと動きます。

最新版であるMT5の強みともいえるでしょう。ただこれはあくまで比較での表現になります。

MT4単体で見た場合、動作速度にストレスを感じることは少ないと思います。またMT5は軽快な動作の代わりにメモリを多く使用します。

MT5は2011年に開発されたプラットフォームですので、PCのスペックが原因で動作が遅くなるとことはあまりないと思いますが、複数の自動売買取引を行うために、MT5を一つのPCで複数稼働させたりする場合には、注意が必要です。

時間足

MT5では時間足の種類がMT4の9種類に加え21種類と大幅に増えています。

これにより更に細かな分析が可能となっています。

9種類でも十分との声もありますが、トレード方法の多様化に応えた嬉しい要素であるといえるでしょう。

カスタムインジケーター

MT5のカスタムインジケーターも近年徐々に増えてきてはいますが、比較するとMT4のほうが数はかなり多いです。

MT4が爆発的に普及していた分、トレーダーが開発したカスタムインジケーターも多い、というわけです。

またMT5でのカスタムインジケーター開発の難易度が非常に高いということもあり、差が出ていると考えられます。

MT4からMT5への移行が上手く進まなかった大きな原因が「MT4のカスタムインジケーターやEAがMT5で使えない」という事です。

MT4でカスタムインジケーター等を活用して、自分のトレード環境を確立していたトレーダーからすると「ならMT4を使い続けるよ…」となるのも無理はありません。

情報や数を比較した時、カスタムインジケーターを最大限活用したい人にはMT4がおすすめという事になります。

インジケーターの整理

MT4とMT5の違いとしてインジケーターの整理のしやすさが挙げられます。

MT4では既存のフォルダにインジケーターを追加していくしかないのですが、MT5では任意でフォルダを作成することができます。

始めたての頃はそこまで使用感に違いを感じられないかもしれませんが、複数のインジケーターを使って分析を行っていくようになると、任意でフォルダを作って整理しやすいのは大きなメリットになります。

対応FX会社

対応FX会社はMT4のほうが多いです。海外FX会社なら、ほぼ全てが対応していると考えていいでしょう。

移行推進の動きもあって、主要な海外FX会社をはじめMT5対応しているところも増加傾向にあります。

高いシェアを誇り情報が多いMT4が堅実さでは上

高いシェアを誇り情報が多いMT4が堅実さでは上

MT4では2020年現在でも未だに高いシェアを誇っています。海外FX会社はMT4にほぼ対応していることもあり、自分の使いたいFX会社がMT4に対応しているのかといった心配もありません。

高いシェアに比例して情報も多いので、ネットなどで情報を収集する時にも、苦労することは少ないでしょう。使用する上でわからないことなども調べればすぐに見つかるはずです。

最新のものが使いたい!など特にこだわりがなければ、MT4を選択するほうが堅実です。

開発元はMT5の普及に力を入れている

開発元はMT5の普及に力を入れている

開発元のMetaQuotes社はMT5への移行、普及に力を入れています。

こちらの記事でも触れましたが、公式サイトではMT5しかダウンロードできないという徹底ぶりです。(MT4をダウンロードしようとしてもMT5がダウンロードされる)

アップデートは積極的に行われ、MT4で使えてMT5で使えなかった機能(両建て、バックテスト)なども使用できるようになりました。

以前は勧めにくかったMT5ですが、徐々に使いやすくなってきている印象です。新しく始める人は将来性の高いMT5から始めるのもいいと思います。

そういう意味ではMT4を使っている人も、MT5を視野に入れてもいい時期がきたと言えるかもしれませんね。

まとめ

MT4とMT5を比較すると、どっちもメリット、デメリットがあります。

時間足やフォルダの整理、動作速度などMT5は高機能でありますが、カスタムインジケーターや対応FX会社の数などは、徐々に増えてきたとはいえ、まだまだMT4に分があります。

自分のトレード環境やシェア、情報の入手のしやすさ、将来性など人によって重視する内容も変わってくると思われます。

どちらも無料で提供されているので、自分に合ったプラットフォームを探るために、とりあえずどちらもダウンロードしてデモ口座で実際に使用感を比べてみるのもいいかもしれませんね。

新規口座開設ボーナスでリスク0トレード

CTA-IMAGE この機会に新規口座開設ボーナスで海外FXをリスク0で始めてみませんか?

入金不要で証拠金10,000円~20,000円、100%入金ボーナスなどFX業界トップクラスのボーナス。

口座開設数は35万口座と今人気急上昇のMT4対応海外FXブローカーGemForex。

MT4/MT5の特徴カテゴリの最新記事